社内政治から一線を引く方法 /キャリア [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. キャリア
  4. 社内政治から一線を引く方法

社内政治から一線を引く方法

2020年01月21日 11時10分配信  マイナビウーマン

社内政治から一線を引く方法の画像:キレイスタイルニュース 社内政治から一線を引く方法
あるオフィスで、常駐していた時の話です。私が出向いたA社は、ストレートな物言いをする代わりに、誰も隠し事をしない文化でした。業務に課題があれば「いまの仕事、ちょっといけてないよ」と厳しいコメントをすることもあれば、褒めるのも「〇〇さんって最高!」と直接的。人の好き嫌いではなく、業績の良し悪しだけを評価される文化は、外資出身の私にとって天国でした。が、そこに勤めていたある社員は、帯状疱疹ができるほどのストレスを感じ1年で辞めてしまいました。それも彼は「業績で直接的に指導されるなんて、こんな生きるか死ぬかの現場じゃ、誰も信じられない」と感じていたらしいのです。私にとっての楽園が、誰かにとっては地獄になる。そんな当たり前のことに、驚いてしまった出来事でした。時は過ぎて、別のオフィスで常駐案件を引き受けていた私は、人間関係のストレスで過食となっていました。その職場は物事を表で言わない代わりに、裏で悪口、ひがみが広がっていました。私にとっては、この職場にいた時こそ「誰も信じられない」時間だったのです。■誰も信じられない職場は、誰かにとっての天国この世には、圧倒的に悪い職場もあります。たとえば、暴力がはびこる世界線で生きている職場とか、トイレの回数まで制限されているとか、横領が半端ないとか……です。ここまで来ると「ここでのキャリアも潮時じゃ!」と叫んでさっさと転職すべきだと思います。が、ほとんどの職場は「あなたにとっては地獄でも、誰かにとっては天国」なんじゃないでしょうか。むしろ、一部の人が適応できているからこそ、あなたが苦しいのでは?一概に「悪」「善」といえるような職場はなくて、どこでも「あなたの味方」が不足する状況はありえます。ですからまずは、「私は正しくて、あの人たちが間違ってる」あるいは「私だけがダメなんだ」という10対0の判決を下さないでほしいのです。あなたにとって、楽な職場は必ずあります。ただ、そこではないだけです。誰も信じられない職場では、人間関係を優先順位から落とす

アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.