これさえ読めば追いつける「ラグビーの基本ルール」 /エンタメ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. エンタメ
  4. エンタメ総合
  5. これさえ読めば追いつける「ラグビーの基本ルール」

これさえ読めば追いつける「ラグビーの基本ルール」

2020年01月23日 17時10分配信  マイナビウーマン

これさえ読めば追いつける「ラグビーの基本ルール」の画像:キレイスタイルニュース これさえ読めば追いつける「ラグビーの基本ルール」
ラグビーワールドカップが終わって3カ月。まだ頭の中はラクビーだ。テレビには“小さな巨人”田中ふみふみや、“笑わない男”稲垣、ドレッド堀江など、多くの選手が出演していて、毎週番組表で彼らの名前を見つけては、録画しまくる生活が続いている。どちらかといえば、もう彼らは毎日会える家族みたいな存在だ。ちなみに私と同じ生活をしている女子は少なくないよう。まだまだラグビーブームが続いていて、1月からスタートしたトップリーグの観戦チケットは、完売状態らしい。4年前のワールドカップ後のトップリーグの試合で、客席が埋まっていないと泣きながら訴えた田中ふみふみも、今回は嬉し涙を流しているそうだ。そこで今回は、ラグビーをやったことがない、今後もやらないであろう、なんならスポーツもあまりやったことがない女子のために、ラグビーの基本ルールをお話しようと思う。私もラグビーはやったことないし、チームスポーツ経験も体育の授業くらい。そんな私が、自分なりに楽しめているポイントだ。まあ、ちょっと読んでみてほしい。■とりあえずのラグビー基礎知識「ラグビーはルールが難しすぎる」とよく言われる。ラグビーとは「ボールを介した陣取りゲームだ」とわたしは思っている。そう考えると、合点がいくルールが多いからだ。まあ、そういう視点で見てみてほしい。◇どのゴールが何点? ラグビーの得点換算得点換算は、トライしたら5点。コンバージョンゴールが決まったら2点。ペナルティーゴールが決まったら3点。ほかにも、なかなか観られないドロップゴールなんていうのもあって、これが決まると3点入る。今回のワールドカップでも何人かの選手が狙ったけれど、なかなか成功しなかったくらい、実際に見る機会は少ない。

アクセスランキング

エンタメ総合の最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.