“身の丈に合ったモノ”を選ぶ。靴とアートを愛するおこもり女子の一人暮らし(高田馬場)|みんなの部屋 /ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 暮らし
  5. “身の丈に合ったモノ”を選ぶ。靴とアートを愛するおこもり女子の一人暮らし(高田馬場)|みんなの部屋

“身の丈に合ったモノ”を選ぶ。靴とアートを愛するおこもり女子の一人暮らし(高田馬場)|みんなの部屋

2020年02月08日 12時00分配信  roomie

“身の丈に合ったモノ”を選ぶ。靴とアートを愛するおこもり女子の一人暮らし(高田馬場)|みんなの部屋の画像:キレイスタイルニュース

「玄関に積んである靴の箱をみると、幸せを感じます」

笑顔でそう話すこの家の主は、革靴を心から愛してやまないのだそう。

高田馬場で6年暮らすこまいさんの個性がぎゅっと詰まったお家を訪ねました。

・名前:こまいまことさん
・職業:IT系ベンチャー企業
・場所:東京都・高田馬場
・面積:約22平米
・家賃:8万円
・築年数:6年 お気に入りの場所 好きなものと“ちょいダサ”を詰め込んだリビングルーム

斜めの天井と打ちっぱなしの壁がアーティスティックな雰囲気を醸し出している、リビングルーム。置いてあるアイテムはどれも個性的ですが、どんな基準でモノ選びをしているのでしょうか?

「基本的に、好きだなと思ったものは何でも買います。でもその中でも“ちょいダサ”なのが好きで、気張りすぎず身の丈にあったものを選ぶようにしているんです。

例えばこのぬいぐるみたちもそうだし、スリッパや、ライトに吊るしてある木製の鳥もそう。ファッションでも同じですが、カチッとしすぎずちょっと力の抜けたコーディネートにしたいなって思っています」(こまいさん)

気張りすぎないこだわりが漂うリビングルーム。初めてお邪魔した私でさえ、ちょっと一息つきたくなるようなホッとする空間でした。

日菜子森野

アクセスランキング

暮らしの最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.