「モテ」のための男磨きが失敗する理由 /恋愛・結婚 [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. 恋愛・結婚
  4. 恋愛
  5. 「モテ」のための男磨きが失敗する理由

「モテ」のための男磨きが失敗する理由

2020年02月13日 07時00分配信  マイナビウーマン

「モテ」のための男磨きが失敗する理由の画像:キレイスタイルニュース 「モテ」のための男磨きが失敗する理由
さかのぼること10年前。世間は「愛され女子」で溢れかえっていました。白いタイトワンピに、もこもこのファ―。くるくるの茶髪に、ぱっちりアイメイク。ウサギを擬人化したかのような愛されファッションは、爆発的に流行しました。モテの夢から覚めた、2020年。力の抜けたビッグシルエット、それでいて背中はざっくり開いたバックコンシャスな女性が街を闊歩し、「男のための自分磨きじゃない」と宣言する女性が増えました。ネイルだって、靴だって、好きなものを選びたいんだもん。……ですが、メンズファッションはまだ「モテ」が全面に出ている気がするのです。■男性が自分磨きをするメリットは「モテ」だけ?私は何度かメンズアイテムのマーケティングを担当してきました。バナー広告でどれが売れるかテストしたり、雑誌のコピーを考えたり。そして結論「女子ウケ抜群」「この服がモテる」以上に売れたキャッチコピーはありませんでした。ファッション大好きな一部を除くと、多くの男性は”モテるから”服を選んでいるようです。この傾向は、メンズのフレグランス・時計・クルマ・コスメでも同じです。現代の20代前半の男性はモテるためにアイラインを引いたり、眉毛をぬいたりします。30代なら、こだわりの革靴やスーツを買い、デートに向いているカジュアルイタリアンを探すでしょう。50代の男性はモテるためにいいクルマを買います。年代によって投資先が違うのは「モテる振る舞い」が世代で違うだけのこと。結局、動機は似たり寄ったりなのです。男性がやりがちな自分磨きは「男性ウケ」を意識している

アクセスランキング

恋愛の最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.