本当に目が離せない「1917 命をかけた伝令」! 映画好き編集部員の2月に行くならこの2本〜後編〜 /ライフ [キレイスタイルニュース]

  1. 美容情報トップ
  2. ニュース
  3. ライフ
  4. 本当に目が離せない「1917

本当に目が離せない「1917 命をかけた伝令」! 映画好き編集部員の2月に行くならこの2本〜後編〜

2020年02月13日 11時50分配信  シティリビングWeb

本当に目が離せない「1917 命をかけた伝令」! 映画好き編集部員の2月に行くならこの2本〜後編〜の画像:キレイスタイルニュース
こんにちは。シティリビング編集部の映画大好きわた九郎です。

第92回アカデミー賞受賞/ノミネート作の中から、わた九郎が見てリアルに友達や家族におすすめしまくった、今週末に見られる2本。
2本目は試写会で見たこちら。新しい“映像体験”や、ズシンと心に響き、しばらく忘れられないかも…という、インパクトのある映画を見たい人におすすめの「1917 命をかけた伝令」です。

前編はコチラ


ぐったりするほどの没入感! 「戦場」を生きるってこういうこと

第一次世界大戦中の1917年フランス。イギリス軍の若い兵士2人に、撤退したドイツ軍を追撃しようとする仲間1600人の命を救うための、ある重要な伝令が託されます。
伝令を前線に届けるまでのタイムリミットは翌朝まで。彼らは2人だけで敵の占領地に分け入り、トラップをくぐりぬけて仲間の窮地を救えるのか。


この映画の見どころは「全編ワンカット撮影」という、非常に挑戦的な撮影技法にあります。
通常の映画は、会話をする2人をロングで映した後にアップで表情を見せたり、戦争ものなら、上空から全体の様子が分かるような映像を入れたりして細切れで構成されます。
それに対してワンカット撮影は、場面中に「視点の切り替え」が一切入らず、主人公たちの傍らに観客がついて歩くような映像で最初から最後まで描かれる技法です。

アクセスランキング

最新ニュース

    【免責事項】
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビズキの見解を表すものではありません。
  • ビズキは本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
  • ビズキは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.