顔にできる小さくて白いできもの。それ稗粒腫かも?原因や治療法を解説

最終更新日:
顔にできる小さくて白いできもの。それ稗粒腫かも?原因や治療法を解説

顔にいつの間にかできている、白くてプツプツとしたできもののことを、稗粒腫(はいりゅうしゅ・ひりゅうしゅ)といいます。

 

稗粒腫はすべての人にできるわけではなく、放っておいても害はありませんが、いざできてしまうと見た目が気になるという人も多いでしょう。

 

この記事では、稗粒腫ができる原因や治療法、できないために気を付けることについてまとめています。治療に保険は適用するのかなど、よくある疑問にも触れているので、参考にしてみてください。

稗粒腫とは

稗粒腫は良性の腫瘍です。白くて小さいので、一見それが稗粒腫だと気づかないこともあるかもしれません。稗粒腫の症状など基本的な情報をまとめました。

稗粒腫の症状

稗粒腫は「はいりゅうしゅ」もしくは「ひりゅうしゅ」と読みます。

 

一般的に、1〜2㎜ほどで、白っぽく皮膚が盛り上がり、小さなプツプツになっている状態が稗粒腫です。体のどこにでもできますが、目の周りや鼻の先にできることが多いようです。

稗粒腫は良性の腫瘍

稗粒腫は良性の腫瘍です。そのため、基本的には放っておいても害はないといわれています。

 

一見ニキビのようにも見えるため、人によってはあまり気にならないでしょう。しかし皮膚が盛り上がっているため、メイクなどでは隠しにくいと悩む人もいます。

稗粒腫ができる原因は?

稗粒腫ができる原因は?

稗粒腫ができる原因は、毛穴に角質が詰まることだといわれています。しかし、毛穴に角質が詰まってしまう明確な原因ははっきりしていません。

 

その上で、稗粒腫ができる原因と推定される点は下記の3つです。

1.自然にできる

稗粒腫は角質が毛穴に詰まってできるため、自然にできてしまうともいわれています。

お肌のターンオーバーがうまく行われていないときにできやすくなります。

2.外部からの刺激

稗粒腫は外部から強い刺激を受けることでできる可能性があります。そのため、切り傷や擦り傷などによって皮膚の組織が壊れることにより、稗粒腫を発症するのではないかといわれています。やけどや皮膚炎の傷跡、手術の跡などにできたという事例もあるようです。

 

特に稗粒腫ができやすい目の周りは皮膚が薄いため、傷が残るほどではなくとも、少しぶつけただけで稗粒腫ができるとも言われています。

 

また、水ぼうそうの跡にできる事例もあることから、大人だけでなく子どもも稗粒腫を発症することがあります。ただし水ぼうそうの跡にできた場合、基本的には目以外の部分にできますが、成長とともになくなっていくのが一般的です。

3.生まれつき

稗粒腫は生まれつき形成されているというパターンもあります。生まれたときにすでに稗粒腫があり、成長してもそのまま残っているという例や、生まれつき稗粒腫ができやすい体質であるという例もあるようです。

稗粒腫の治し方

稗粒腫の治し方

稗粒腫は良性の腫瘍なので、基本的にはそのままにしておいても害はありません。しかし、どうしても見た目が気になるという方は、皮膚科で相談してみましょう。

稗粒腫の治療は主に4種類

稗粒腫の治療方法は、主に下記の4種類です。

 

・圧出法

 

稗粒腫の治療法で最も一般的なのが、圧出法です。注射器やメスを使って稗粒腫に切り込みを入れ、ピンセットなどで角質を取り除きます

 

取り除く際に出血を伴うことがあり、稗粒腫を出し切った穴は赤くなってしまうこともありますが、大抵の場合は数日で元に戻ります。

 

・ケミカルピーリング

 

ケミカルピーリングも角質を取り除く治療法ですが、圧出法と異なり皮膚を薄く剥がすことで稗粒腫の塊を取り除く方法です。本来角質ケアのための手法で、酸の力によって皮膚の角質層を剥がします。

 

・炭酸ガスレーザー

 

炭酸ガスのレーザーによって皮膚に穴をあけ、中の稗粒腫を蒸発させる治療法です。炭酸ガスレーザーを皮膚にあてると、皮膚内の水分が炭酸と反応して熱を帯び、その熱が冷める時に稗粒腫そのものが除去されるようになっています。

 

圧出法と異なり出血がなく、色素沈着を起こす可能性も低いので、肌に跡を残したくない方にはおすすめです。

 

・漢方

 

稗粒腫に直接触れるのではなく、肌の内側から漢方で働きかけることによって稗粒腫をなくすことができます。稗粒腫は毛穴に角質が詰まることでできるので、漢方によって肌のターンオーバーを促したり、肌の水分代謝を良くしたり、老廃物を排出しやすくしたりすることで、改善が期待できます。

 

特に「ヨクイニン」と呼ばれる、ハト麦を原料とする漢方は効果が高いとされています。

稗粒腫の治療は保険適用?

稗粒腫の治療は、方法によっては保険が適用されます。圧出法は基本的に保険の適用範囲内です。漢方も基本的には保険の適用範囲内で処方してもらえます。

 

しかし、ケミカルピーリングや炭酸ガスレーザーは保険が適用されずに自由診療となるため、少々値段が上がることは覚悟しておきましょう。

稗粒腫の除去は自分ではできない!

稗粒腫の治療にお金をかけるよりは、自分で除去したいと思うかもしれませんが、稗粒腫を自分で除去するのは危険です。

 

稗粒腫をニキビなどのように自分で穴を開けて取り出そうとすると、痕が残ってしまったり細菌が入って炎症を起こしたりする可能性があります。

稗粒腫を防ぐには?

稗粒腫の原因ははっきりとしていないため、予防法も確実なものはありません。

しかし角質が毛穴に詰まってできるので、肌のターンオーバーを適切に促し、角質がたまらないように心がけても損はありません。

 

基本的には適切なスキンケアをおこなうこと、肌を温めること、紫外線対策をすることなど、自宅でできる方法でケアすることが大切です。

他にも、医療機関で角質を落とすピーリングという方法もあります。

まとめ

本記事では、稗粒腫ができる原因や、治療法についてまとめました。

 

稗粒腫は良性の腫瘍なので、基本的には放っておいても問題はありません。しかしどうしても見た目が気になるという人は、決して自分で除去しようとせず、医療機関で治療してもらうようにしましょう。

 

自宅のケアで稗粒腫を未然に防げる可能性もあるので、是非日々の習慣を見直してみてくださいね。

掲載日:

CATEGORY