年収を上げる「たった2つの方法」

マイナビウーマン

仕事で大成功を成し遂げたいとか、そんな大それた野望はないけど、なんとなくうまくやりたい。

いつもの働き方を小さくアップデートする「お仕事ハック」を紹介します。

今回は「年収を上げたい」という女性のお悩みに、外資系OLコラムニストのぱぴこさんがアドバイス。

手っ取り早く年収を上げたい都内でひとり暮らし中の社会人6年目・28歳のOL(一般職)です。

年収が低いのが悩みです。

将来のために貯金したいのですが、そもそもの月給が低く、ボーナスも雀の涙ほどしか出ないので、毎月カツカツで生活しています。

手っ取り早く年収を上げるにはどうすればいいのでしょう。

■魔法はないけど、年収を上げる方法は2つあります「手っ取り早く年収を上げる方法」という魔法を求められて困惑していますが、残念ながらそんなものは世の中にありません。

まちがっても「年収を上げる方法」という情報商材を買わないようにしてくださいね☆いきなり夢を打ち砕いてごめんね。

代わりに、私が考える年収を上げる方法を2つご紹介します。

1.転職によって年収を上げる2.副業によって年収を上げる超・現実的☆でも、これ以外は「宝くじを当てる」「油田を掘る」「玉の輿に乗る」などの夢物語になってしまいます。

魔法なんてこの世にはないんやで……! と、現実を突きつけたところで、それぞれのくわしいやり方を見てみましょう。

◇1.転職によって年収を上げる私は外資IT業界にいますが、弊業界では「手っ取り早く年収を上げる=転職」といっても過言ではありません。

「年収を上げたいなら、転職すればいいじゃない」とマリー・アントワネットばりに答えます。

そうはいっても、一般的に「転職」はハードルの高い事柄なのは承知しています。

しかし、今は求人景気もいいですし、「転職活動をする=必ず転職しなくてはいけない」という決まりはないので、年収アップを目指して転職活動に着手して損はないです。

現在28歳・社会人6年目の一般職ということなので、経理や法務など専門性のある事務職でない場合は、職種変更を伴う転職をするにはギリギリの年齢です。

早急に求人の確認をした上で、求人と紐づきそうな自分の仕事を掘り起こし、職務経歴書を書いて転職活動をするのがベターです。

エージェントは2つ以上使い、ひとつは相談&状況確認のため、もうひとつは一方の結果を踏まえた本気の転職相談という目的で使い分けてみてください!◇2.副業によって年収を上げる近年の働き方改革でも注目されているのが「副業」です。

私がこの相談に答えて原稿料をいただくのも副業になりますが、今の会社で副業禁止規定がないのであれば、会社の給与以外で収入を得る……というのも年収アップへの手段のひとつです。

一般職ということなので、定時退社や、それに近しい時間で退勤できると想定すると、就業後の時間でアルバイトができる可能性が高いです。

たとえば、私は学生時代にテレアポのバイトをしましたが、給与が高くシフトの自由が利く点から、社会人でWワークしている方を何人も見かけました。

また、1で提唱した転職に際して、興味がある業界の仕事にWワークで着手することで職歴をプラスにするチャンスもあります。

もちろん、日中の時間帯は本業があるため選択肢は限られてしまいますが、例で出したテレアポの中で扱うテーマを近似職種の中から選ぶのもおすすめです。

また、本業が平日勤務の方は、土日の稼動が高い不動産業やサービス業などでWワークすることもできます。

最近はリモートワーク求人も非常に増えているので、在宅でできるアルバイトという線も同時に探してみると、無理なく収入を得られる職が見つかるかもしれません。

まとめると、「手っ取り早い」とは言い切れないものの、転職活動&副業実施という両輪を回すことで、効率的に年収アップを実現できる可能性があります。

とにかくリサーチ&行動してみてください!POINT.・年収アップへの手っ取り早い近道はない・転職活動はやってダメならやめればいい・副業を通して、転職希望職種に近づける可能性がある・28歳という年齢を考えると、即行動すべし(文:ぱぴこ、イラスト:黒猫まな子)。

CATEGORY