今さら聞けない「恐れ入ります」の正しい使い方

マイナビウーマン

覚えておくと便利な言葉のひとつに「恐れ入ります」という表現があります。

ビジネスシーンでよく使うそれですが、複数の意味を含んでいるため、さまざまなシーンで応用できることをご存知でしょうか。

ここでは「恐れ入ります」の意味に合わせた正しい表現について、類語と比較しながらご紹介します。

■「恐れ入ります」の意味とは?「恐れ入ります」は上司や取引先など目上の人や敬意を表したい相手に使います。

丁寧でやんわりとした印象を相手に与えるので、電話応対や来客応対などさまざまなビジネスシーンで使えるのがポイント。

この「恐れ入る」には、『広辞苑』第七版を引くと5つの意味があります。

1.大変恐れる2.あやまちをさとってわびる。

また恐縮する3.かたじけなく思う。

もったいないと思う4.相手の力量や実力に圧倒され、屈する5.全くあきれるこのように複数の意味を持つ言葉だからこそ、状況によっては「申し訳ございません」や「ありがとうございます」など、相手にわかりやすい言葉で伝えたほうがいい場合もあるでしょう。

便利な反面、意味をきちんと理解し、臨機応変に言葉を選ばないと誤解を生んでしまう恐れもあるのです。

それでは、具体的にどのような場面で使うのが適切なのでしょうか。

■シーン別「恐れ入ります」の使い方複数の意味を持つからこそ迷う人が多い、「恐れ入ります」の使い方。

まずは、前述の意味と対応した使用シーンを考えていきましょう。

1.相手に何かを頼むときの「恐れ入りますが」2.相手に何かを尋ねるときの「恐れ入りますが」3.感謝やお詫びの気持ちを伝える「恐れ入ります」4.勝負などで負けたことを認める「恐れ入りました」5.驚きや呆れたことを伝える「恐れ入りました」このように、ひと口に「恐れ入りました」といっても、その意味や使用シーンは分かれてきます。

さっそく、例文とともにシーン別の使い方を見ていきましょう。

◇(1)相手に何かを頼む場合の「恐れ入りますが」

この場合の「恐れ入りますが」はクッション言葉といいます。

相手に「お願い」「お断り」「反論」などをする前にひと言添えることで、相手の立場を思いやったニュアンスとなります。

☆例文「お忙しい時間に恐れ入りますが、打ち合わせの資料に目を通していただいてもよろしいでしょうか」☆解説相手に面倒をかけるだけでなく、資料に目を通す時間を割いてもらうことに対して、お詫びの気持ちが込められています。

また「恐れ入りますが」の前に「お忙しい時間に」をプラスするだけで、より丁寧に気持ちを伝えることができるのでおすすめです。

状況によっては、何かをお願いするときに「~してください」と言うと、命令形として受けとられたり、上から目線だと感じられたりすることもあります。

ですから、「~でしょうか」と依頼形にすることで、相手に選択権がある言い回しに変えられます。

◇(2)相手に何かを尋ねる場合の「恐れ入りますが」

この場合の「恐れ入りますが」も(1)と同様のクッション言葉です。

☆例文「恐れ入りますが、○○様はいらっしゃいますか」「すみませんが」に言い換えることもできますが、これだとビジネスシーンではカジュアルな印象を与えることがあるため、注意しましょう。

この場合の「恐れ入りますが」は、「忙しいところ悪いのだけれど」という相手に配慮したひと言を指します。

◇(3)感謝やお詫びの気持ちを伝える「恐れ入ります」

目上の相手へ感謝・お詫びを伝えたい際にも「恐れ入ります」は有効な言い回しです。

☆例文(上司)「今回のプレゼンはとてもよくできていたよ!」(部下)「ありがたいお言葉、恐れ入ります」☆解説このように、上司が褒めてくれた場合の返事として「恐れ入ります」を用いてもOK。

もちろん、「ありがとうございます」でも間違いではありませんが、「恐れ入ります」を使うことで、謙遜と感謝の両方の意味を込めることができます。

◇(4)勝負などで負けたことを認める「恐れ入りました」

単純に負けを認める意味で、これを使うケースもあります。

☆例文「この度の勝負も恐れ入りました。

もっと精進します」☆解説この場合、勝負に「参りました」と負けを認めたことを表しています。

◇(5)驚きや呆れたことを伝える「恐れ入りました」

自分では至らなかった考えや指摘に対して、目上の人に驚きを伝える意味合いで「恐れ入りました」と伝えることも可能です。

☆例文「先生からの鋭いご指摘には、恐れ入りました」☆解説このように、驚きや感動した場面にも使うことができます。

自分をへりくだり、相手への敬意を伝える表現です。

■類語は何? 「恐縮です」「痛み入ります」などとの違い「恐れ入ります」の類語として用いられるのが「恐縮です」や「痛み入ります(いたみいります)」です。

意味を詳細に紐解くと、それぞれニュアンスの違いが見えてきます。

◇「恐縮です」はよりかしこまった表現

日本語大辞典を引くと、「恐れ入って身を縮めること。

また、感謝や申し訳なく思う」といった意味があります。

つまり、現在は「相手に迷惑をかけたり厚意を受けたりして申し訳なく思う」という意味で使われています。

ビジネス文書やビジネスメールなどのかしこまった状況では、この「恐縮です」を用いるほうが、相手にフォーマルな印象を与えるでしょう。

◇「痛み入ります」は感謝の度合いが強い

相手の言動に対して心が痛くなるほど申し訳ない、恐縮するという意味がある「痛み入ります」。

日常生活ではほとんど使わない改まった表現ではあるものの、これも「恐れ入ります」の類語です。

基本的に意味の違いはありませんが、相手へ感謝の気持ちを表すときは「恐れ入ります」よりも「痛み入ります」のほうが、感謝の度合いは強いといえます。

◇その他の類語は?

そのほかにも、「恐れ入ります」と似た意味を含む敬語が存在します。

☆お詫びと感謝の「お手数をおかけします」感謝とお詫びを伝える「恐れ入ります」の言い換え表現として、「お手数をおかけします」があります。

これは「時間と労力をとらせてしまうかもしれない」というお詫びの気持ちを含むと同時に、相手への感謝も込められています。

☆カジュアルな印象の「すみません」次に、よく用いられる言葉が「すみません」です。

「すみません」も相手へのお詫びやお礼、依頼をするときに用います。

ただし、ビジネスシーンなどで使うと、カジュアルな印象になるので、控えたほうがいいでしょう。

☆自分に非がある謝罪は「申し訳ございません」最後に、使い方に注意が必要なのが「申し訳ございません」です。

例えば、自分の言動に非がある場合、謝罪の気持ちを込めて「恐れ入ります」と言うのをよく耳にします。

この場合、正しくは「申し訳ございません」を使います。

「恐れ入ります」は、自分に非はないけれど相手に配慮したいときに用いる言葉と理解するのが良いでしょう。

「恐れ入ります」を正しく使い分けよう意味をいくつか持つ便利な言葉は、まず含有するニュアンスを正しく理解しておくことが大切です。

「恐れ入ります」は相手の立場を思いやり、さらに敬意を表すプラスの言葉。

まずは、本来の意味を知り、臨機応変に使い分けることで、あなたの気持ちが相手に届くことを願っております。

(川道映里)※画像はイメージです。

CATEGORY