【七赤金星】2020年後半の運勢

マイナビウーマン

九星気学とは、中国で生まれ日本で体系化された占術です。

「気」の流れを知り、それを人生に生かすことで開運ができるとされています。

あなたの生まれた年の「本命星」から、性格・能力・適職・恋愛傾向・気になる人との相性・運勢……など、あらゆることが分かります。

今回は、本命星【七赤金星】の2020年後半の運勢について詳しくお伝えします。

※【七赤金星】の人の生まれ年:昭和59年(1984年)2月5日~昭和60年(1985年)2月3日/平成5年(1993年)2月4日~平成6年(1994年)2月3日■九星気学とは?

九星気学の起源は中国です。

古代中国の民間信仰「九星」に、五行・干支・八卦を組み合わせたものが「九星術」です。

それを元にして、明治42年に園田真次郎が「気学」としてまとめました。

現在では「九星術」と「気学」を総称して「九星気学」と呼ばれています。

九星気学は地球に循環する「気(エネルギー)」が元になっています。

そして、人が生まれた時の地球上の「気(エネルギー)」の配置が、その人の運命を決定すると考えられています。

■九星気学で分かること九星気学では、その人の性格・運勢・相性・方位の吉凶・家相などが分かります。

◇自分の性格

九星気学では自分の性格が分かります。

基本的な性格だけでなく、人生観・能力・適職・恋愛傾向・理想のライフスタイルなど、あらゆる自分の側面を知ることができます。

Check!【七赤金星の基本的な性格や適職・恋愛傾向】はこちら◇自分の運勢

九星気学では運勢も分かります。

好調な時期と不調な時期を知り、運を味方に付けることができるのです。

また、重要な決断をするタイミングを見極めることもできます。

◇気になる相手との相性

気になる人の本命星が分かる場合、あなたの本命星と照らし合わせて相性を占うことができます。

Check!気になる人の本命星の探し方はこちら◇方位の吉凶

方位の吉凶も分かります。

旅行や引越しをする場合、どの方位が良くて、どの方位が悪いのかを知ることができます。

◇家相

家相とは、土地や家の間取りなどの吉凶を判断するものです。

住む人を開運に導く気の流れや方位が分かります。

■本命星【七赤金星】の2020年後半の運勢七赤金星の2020年後半の運勢を、全体運・恋愛運・仕事運・金運・健康運に分けて解説します。

◇全体運:後半になるにつれ運気がピークに

2020年の開運テーマは「自己管理とメンテナンス」です。

これまでの歩みを振り返り、反省すべき点や改善できる点をチェックし、それを実行に移すと良い時期です。

運気は10月以降が好調。

順調に上がり続け、年末に運気のピークを迎えるでしょう。

2020年の後半は「これまでの努力が実る時期」です。

ただし、重要なポイントは「これまでの努力が」という部分です。

「何かを頑張ってきたこと」が前提条件となるので、人によって状況が変わります。

今年前半を振り返り、これまで取り組んできたことの成果が現れた実感があるなら、後半の運気は上々です。

その成果の内容をブラッシュアップして、さらに発展させましょう。

逆に、「これまであまり努力してこなかった……」という人は、ここ数年を振り返ってみましょう。

もし後悔することがあれば、やり直すチャンスです。

今年中に改善点を見つけて、実行に移しましょう。

◇恋愛運:好調。

少し慎重に行動を

2020年後半の七赤金星は、魅力とアピール力がアップしそう。

それによって自然と注目度が高まり、アプローチされることも増えるでしょう。

ただ、相手の本質を見極める力が弱くなっているので注意が必要です。

特に、恋人募集中の人は慎重に。

デートの回数を重ねながら、ゆっくり距離を縮めるようにしましょう。

恋人がいる人は、一人で空回りしてしまいがち。

自分の気持ちや都合を優先して動いた結果、彼が合わせてくれなくてイライラする……そんな負のスパイラルに陥ってしまいそう。

恋人が関係することは、ささいなことでも一緒に考えるようにしましょう。

結婚運は好調です。

2020年の後半は「これまでの努力が実る時期」なので、二人の愛情が「結婚」という形で結実する兆し。

少しでも不安な点があるなら、二人でよく話し合って決めましょう。

その過程で信頼感が生まれ、絆が深まるでしょう。

秘密の恋の場合は、今の関係がいったん終わる暗示。

積極的に関係を進めるか、思い切って別れるか、決断するタイミングがやってきそう。

◇仕事運:これまでの成果が現れる

2020年の後半、七赤金星は「これまでの努力が実る時期」です。

そのため、仕事の場面でもこれまで頑張って積み重ねてきた成果が現れそう。

地道にコツコツ努力を重ねてきた人は、チャンスに恵まれるでしょう。

評価が上がる、希望のポジションを任されるなど、うれしい展開が期待できそうです。

ただし、調子に乗ると失敗しそう。

特に、スケジュールの管理は慎重に。

遅刻、ダブルブッキング、締め切りに遅れる……なんてことのないよう、約束の時間は何度もチェックすること。

仕事がうまくいっているときこそ、気を引き締めましょう。

転職運は吉凶混合です。

仕事の実績を最大限にアピールできれば、今より条件の良い職場に移るチャンスはありそう。

ただ、転職後に不満が出てくる可能性も。

転職することで起こるあらゆる事態を想定して、慎重に決断しましょう。

◇金運:好調。

散財しないように気を付けて

金運は好調です。

2020年の後半は「これまでの努力が実る時期」なので、それが金運にも当てはまります。

頑張った成果が具体的な金額になって現れるでしょう。

また、定期預金が満期を迎えるなど、過去の投資を回収するタイミングが訪れる可能性もあります。

ただし、金銭的な余裕が生まれると、財布のひもがゆるんでしまいそう。

特に必要ないものを衝動買いしたり、気前よく人におごったり、無意識のうちに散財してしまう恐れもあります。

気持ち良くお金を使うのはいいですが、必ず予算を決めておきましょう。

また、お金の貸し借りは慎重に。

家族・友達・恋人など、あなたと親しい間柄であっても、簡単にお金を貸さないで。

どうしても貸す必要がある場合は、借用書を交わしましょう。

◇健康運:定期的な検査を欠かさずに

2020年の後半、健康運の良し悪しは「自己管理とメンテナンス」ができるかどうかによって変わってきます。

以前かかったことのある病気がある人は、定期的な検査を欠かさずに。

特に健康上の問題が無い人も、病気にならないよう日頃から意識しておきましょう。

特に意識したいのは、目と歯の健康です。

コンタクトレンズを使っている人、ドライアイの人、眼精疲労が気になる人は、定期的に眼科を受診しましょう。

また、歯科で歯のクリーニングをするのも忘れずに。

ヘアサロンに通うような感覚で、メディカルチェックを習慣化しましょう。

■運勢を上げるためにやるといいこと2020年の後半の運勢を上げるために、何をするといいのでしょうか? 七赤金星の開運アクションをご紹介します。

◇(1)努力の成果を磨く

2020年の後半は「これまでの努力が実る時期」ですが、それに満足することなく、さらにブラッシュアップを目指しましょう。

◇(2)周りの人に感謝の気持ちを伝える

いつもあなたを支えてくれる人たちに感謝しましょう。

しっかり相手の目を見て「ありがとう」と伝えることで、良い関係を育めるでしょう。

九星気学を活用して、2020年の後半をハッピーに過ごそう

九星気学の運気には波があります。

そして、運気を生かせるかどうかは、あなた次第です。

幸運の波が来たらスムーズに乗りこなせるように、ウォーミングアップをしておきましょう。

また、運気が低迷したらダメージを最小限で済ませることができるように、日頃からしっかり準備をしておきましょう。

2020年の後半、あなたに良いことがたくさんありますように!(伊藤マーリン/ハッピーコンパス)※画像はイメージです。

CATEGORY