「敷居が高い」の間違った使い方

マイナビウーマン

「ハードルが高い」は、会話の中でもよく使われる表現ですが、正確な意味は意外と知られていません。

語源から確認すると共に、日常会話・ビジネス・恋愛のシチュエーションでの例文から、ニュアンスを確認していきましょう。

また、似た表現「敷居が高い」との共通点や違いについても紹介します。

■「ハードルが高い」の意味
そもそも「ハードル」は、陸上競技の障害競走で使う器具ですが、そこから転じて、乗り越えなくてはならない、困難な物事。

(例)水で書かれた物語(1965)〈石坂洋次郎〉「この結婚で、私はまた一つの難ずかしいハードルを越えたのである」(出典:小学館『日本国語大辞典』)という意味もあります。

ですから、「ハードルが高い」は、難度が高いこと、難しくて成功するのが困難なことを意味します。

例えば、「私にとってハードルが高い」と用いると、難しい事柄に対し、不安やプレッシャーを感じ、尻込みしている心境が伝わります。

この使い方から派生して、心理的抵抗感があり、あまりやりたくない事柄を言うのにも使われています。

■【例文】シーン別「ハードルが高い」の使い方

「ハードルが高い」は、実際の会話ではどのように使われているでしょうか。

例文を用いながら、具体的な場面ごとに紹介していきます。

◇日常生活での例文・ヨーロッパ旅行は、費用の面でも、移動時間の面でも、ちょっとハードルが高い。

・いきなり電話を架けるのはちょっとハードルが高い。

・私にとって、一人牛丼はハードルが高い。

◇ビジネスシーンでの例文・敵対してきた企業同士が連携するのは、なかなかハードルが高い。

・専門的な知識が必要なので、普通のユーザーにはハードルが高いのではないか。

・この会社で、アルバイトから正社員になるのはハードルが高い。

(※あらたまった文章では「困難だ」「難しい」などに置き換えられることが多い)◇恋愛のシーンでの例文・私にとって、あの男性はハードルが高い。

・付き合うのは簡単でも、結婚までこぎ着けるのはハードルが高いんだ。

・私にはちょっとハードルが高いお店だったけど、スマートにエスコートしてもらえた。

■「ハードルが高い」と「敷居が高い」は同じ意味?「ハードルが高い」と似た言葉に、「敷居が高い」があります。

この「敷居が高い」はどのような意味なのでしょう。

「ハードルが高い」の言い換えとして使えるのでしょうか。

◇「敷居が高い」の語源と意味

まず「敷居が高い」の語源と意味を確認しましょう。

そもそも「敷居」は、門の内と外を区別するために敷かれている横木や、引き戸や障子・襖(ふすま)の下にある溝の付いた横木のことです。

そこで、「敷居をまたぐ」といえば、家に入ること、ある人の所を訪れることをいいます。

それが「敷居が高い」という慣用句になることで、不義理なことや不面目なことを重ねてばかりいるので、その人の家に行って会うことが出来ない気持になる(出典:三省堂『新明解国語辞典』)という意味になります。

したがって「敷居が高い」の例文としては、・あの一件以来、どうも彼に会うのは敷居が高い。

・まだ借金を返せる当てがないので、親戚のところに顔を出すのは敷居が高いんです。

などになるでしょう。

◇誤用の意味で認識されるようになった昨今

ただし、「敷居が高い」は、本来の「気まずくて会いづらい」という意味とは別に、「(お店などの)値段が高い、格式が高い」という意味で使われることもあります。

それはもともと誤用だったのですが、2008年の文化庁「国語に関する世論調査」では、(ア) 相手に不義理などをしてしまい,行きにくい(42.1%)(イ) 高級過ぎたり,上品過ぎたりして,入りにくい(45.6%)(ア)と(イ)の両方(10.1%)(ア),(イ)とは全く別の意味(0.3%)分からない(1.9%)という認識で、誤用の意味の方が広く認識されている状態になりました。

そこで、2018年発売の『広辞苑 第七版』(岩波書店)では、それまでの版での「誤用」「俗説」という指摘が消え、一つの意味として掲載されるに至りました。

◇「ハードルが高い」に置き換えられる場合と誤用例

「敷居が高い」の「高級だったり格が高かったりして入りづらい」という意味は、入る難易度が高いという意味ですので、「ハードルが高い」に置き換えることができます。

「あの店はちょっと敷居が高い」と「あの店はちょっとハードルが高い」も同じ意味になります。

また、「敷居が高い」の「申し訳なくて会いにくい」という方の意味も、「心理的なハードルが高い」という言い方とニュアンスが近いといえるでしょう。

ただし、単純な難しさをいう「彼を落とすのはハードルが高い」という使い方を、「彼を落とすのは敷居が高い」と置き換えることはできません。

「ハードルが高い」の使い方の注意点

「ハードルが高い」は文字通りには、「困難だ」「難しくて尻込みをする」という意味ですが、少し皮肉の意味を込めて使われることがあります。

例えば、「Aさん、一人で旅行に行くの? 私には、一人旅はちょっとハードルが高いなぁ」といった場合には、以下の2つの意味の可能性があります。

・自分で計画を立てたり、迷わずに回ったりするのは自分には難しい。

一人で旅行するのは大変だろうから、それができるAさんはすごいなぁ。

・一人きりで旅行を楽しむことは自分にはできそうにないから、心理的抵抗がある。

一人旅をするAさんの気が知れない。

心から褒めているかもしれないし、皮肉を言っているのかもしれないのです。

2つの可能性が出てきてしまうのは、「ハードルが高い」に、純粋に難度が高いことを指す用法と、個人的な気持ちとして難しいことを指す用法とがあるからです。

相手が使った場合には、文脈や空気を読んで、どちらの意味で使われているかを見極める必要がありますし、自分が使う場合には、誤解の余地を残さないようにする必要があります。

「ハードルが高い」は難易度の高さや抵抗感を表す言葉

「ハードルが高い」は、障害競走のハードルからきた表現で、難易度の高さを表す言葉でした。

単純に難しい時だけでなく、個人的に抵抗感があることも表現できます。

その中で、「値段や格式の高さで難しい」「決まりが悪くて会いにくい、苦手」という意味に関しては、「敷居が高い」に置き換えることもできるのです。

なお、「私にはハードルが高い」と言った時に、相手の感性や趣味を否定する嫌味に聞こえることがあるので、注意が必要です。

(吉田裕子)※画像はイメージです。

CATEGORY