【難読】“よめ”? 「予め」の正しい読み方

マイナビウーマン

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「予め」の読み方です。

よめ? いやいや、絶対そんな読み方じゃない! そんな葛藤をしたら、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「予め」の読み方は?予報、予想などの言葉に使われる「予」という漢字。

一般的には、“よ”という読み方を覚えている人がほとんどでしょう。

「予」という字自体には、前もって、といったニュアンスが含まれます。

確かに、予報も予想も、前もって行うことですよね。

しかし、これに「め」がついたからと言って、”よめ”なんて読む人はいないのではないでしょうか。

気になる読み方の正解ですが……。

これ、実は“あらかじめ”と読みます。

■「予め」の意味と使い方『デジタル大辞泉』によれば、「予め」の意味は以下のように解説されています。

あらかじめ【▽予め】[副]物事の始まる前に、ある事をしておくさま。

前もって。

「予め調べておく」つまり、「予め」という言葉は、事前にといった意味合いで使います。

「予」の漢字の意味と一緒ですね。

漢字は見慣れないかもしれませんが、「予め準備しておく」など、日常的によく使う言葉です。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさんあなたは「予め」を正しく読むことはできましたか?きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。

よく耳にする言葉も、漢字でどう書くかは案外知らない、なんてものも多いですよね。

読めなくても漢字の意味を知っていると、どんな言葉か、あらかじめ想像できる、つまり予想できそうです!(ななしまもえ)。

CATEGORY