【難読】“たにまる”ってなに? 「谷まる」の正しい読み方

マイナビウーマン

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「谷まる」の読み方です。

“たにまる”? いやいや、なにそれ? と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「谷まる」の読み方は?「谷」は、そのまま“たに”か、渓谷と読むので、“こく”という読み方は知っていますよね。

しかし、これに送り仮名の「まる」をつけて、“たにまる”、“こくまる”とは読みません。

気になる読み方の正解ですが……。

これ、実は“きわまる”と読みます。

■「谷まる」の意味と使い方『デジタル大辞泉』によれば、「谷まる」の意味は以下のように解説されています。

きわま・る〔きはまる〕【極まる/窮まる】[動ラ五(四)]1 ぎりぎりの状態までいく。

限度・限界に達する。

「感—・って泣く」「—・るところを知らない征服欲」2 (形容動詞の語幹に付いて)この上なく…である。

「退屈—・る話」3 (「谷まる」とも書く)動きがとれなくて困りはてる。

窮する。

「進退—・る」4 終わりとなる。

果てる。

尽きる。

「兵(つはもの)尽き、矢—・りて」〈徒然・八〇〉5 決まる。

定まる。

「鮹(たこ)の足は日本国が八本に—・りたるものを」〈浮・胸算用・四〉“きわまる”と聞くと、「谷」という漢字とはなかなか結び付かないですよね。

険しい山の谷間に落ちると、進むことも退くこともできないことから、「谷まる」と書くようになったそうです。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさんあなたは「谷まる」を正しく読むことはできましたか?きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。

小学生の時に習う簡単な漢字ですが、実はまだ知らない読み方がありましたね。

地形を表す漢字のイメージが強いですが、送り仮名をつけることによって、まったく違う意味の言葉になりますね!(ななしまもえ)。

CATEGORY