【難読】“きしょう”じゃない?「気障」の正しい読み方

マイナビウーマン

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「気障」の読み方です。

“きしょう”と読むのかな? と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「気障」の読み方は?「気」は“き”と読む、普段からよく使う漢字ですよね。

「障」は、障害、故障と読むので“しょう”という読み方はお馴染みですね。

では、二つを合わせて“きしょう”と読むのでしょうか?気になる読み方の正解ですが……。

これ、実は“きざ”と読みます。

■「気障」の意味と使い方『デジタル大辞泉』によれば、「気障」の意味は以下のように解説されています。

き‐ざ【気▽障】[名・形動]《「きざわ(気障)り」の略》1 服装や言動などが気どっていて嫌な感じをもたせること。

また、そのさま。

「―な話し方」2 気にかかること。

心配なこと。

また、そのさま。

「化物が…顕れているのぢゃあねえかと思ふから、些 (ちっ) と―なところがあらあな」〈滑・七偏人・五〉3 不快な感じを起こさせること。

また、そのさま。

「そのすうすうとすすり込む音が何分 (なにぶん) ―だ」〈滑・浮世風呂・四〉主に、気どっていて不快に感じさせるという意味合いで使われます。

「気障なセリフ」とか「気障な男」なんて言葉、聞いたことありますよね。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさんあなたは「気障」を正しく読むことはできましたか?きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。

「気障」は、もともと江戸時代の遊郭で男性客に対して使われていた言葉のため、現在でも男性に対して使うのが一般的だそうです。

普段何気なく口にしている言葉でも、実は意味をしっかり理解せずになんとなく使っていたりしませんか。

相手に不快な思いをさせないよう、正しい意味をしっかり覚えて使っていきたいですね。

(ななしまもえ)。

CATEGORY