【難読】“ざんじ”じゃないの?「漸次」の正しい読み方

マイナビウーマン

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「漸次」の読み方です。

“ざんじ”かな? と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

 ■「漸次」の読み方は?「漸」は、「斬」という字が入っているので、何かを切るようなイメージから“ざん”と読む人が多かったりしませんか? 「次」は、そのまま読むと“つぎ”ですが、次回や目次と読むので、“じ”とも読みますよね。

では、二つを合わせてなんと読むのが正しいのでしょうか。

気になる読み方の正解ですが……。

これ、実は“ぜんじ”と読みます。

 

■「漸次」の意味と使い方『デジタル大辞泉』によれば、「漸次」の意味は以下のように解説されています。

ぜん‐じ【漸次】[副]しだいに。

だんだん。

「老齢人口が―増加する」 しだいに、だんだん、徐々にといった意味合いで使われます。

時間の経過とともに、物事や状態が変化していくのを表す言葉ですね。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさんあなたは「漸次」を正しく読むことはできましたか?きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。

普段の会話で使う機会はなかなかない言葉ですが、ビジネスシーンなどでは使われることもあるようです。

実は“ざんじ”と読む言葉は別にあるので、混同せずにしっかり使い分けたいですね。

気になった人は、“ざんじ”と読む言葉がどんな漢字なのかも調べてみてください!(ななしまもえ)。

CATEGORY