職場の“お局さん”に多いタイプは? 「謎のマイルール」「神エピソード」が明らかに

マイナビウーマン

「識学」を使った経営・組織コンサルティングや従業員向け研修を展開する株式会社識学は、2022年8月17日に「お局さんに関する調査」を行いました。

現在、多くのビジネスパーソンは一つの企業に長く勤め続けるよりも、転職をしてキャリアを積む人が多くいます。

一方、一つの企業に長年勤めているベテラン社員もおり、その社員のおかげでスムーズに業務が進むなどの一面もありますが、長年の経験から業務に関する謎のマイルールがあり、困惑したという経験があるという人もいるのではないでしょうか。

そこで、今回は職場に長く働いているベテランの女性社員お局さんについて、どういった特徴があるのか、お局さんのマイルールがあるか、マイルールによって引き起こされたことなどを調査しています。

■お局さんの属性ランキング:仕事ができる“プロフェッショナルお局さん”52.0%

同調査では、“職場に長く働いているベテラン女性社員”をお局さんと定義し、お局さんの属性を聞いています。

その結果、最も多かった回答は「仕事ができる“プロフェッショナルお局”さん」52.0%、次いで「噂話、陰口等が多い“おしゃべりお局”さん」43.3%となりました。

“プロフェッショナルお局さん”は半数を超えており、長い間会社に勤めていることから、仕事ができる頼もしいお局さんが多いようです。

多くの企業は、こうしたお局さんに支えられて存続できているのかもしれません。

お局さんの特徴を聞いたところ、TOP3は「プライドが高い」34.3%、「機嫌の浮き沈みが激しい」33.3%、「仕事が早い」32.3%でした。

Q1で仕事ができる“プロフェッショナルお局さん”が最も多い結果でしたが、お局さんの特徴として、ここでも「仕事が早い」有能なお局さんが3割以上いることがわかりました。

作業スピードが早いのはもちろん、これまで築いた人間関係を駆使し、周りの人に協力を仰ぐことで、どんな仕事でも対応が早いのかもしれません。

その一方で、「プライドが高い」「浮き沈みが激しい」と感じている方もいるようです。

■お局さんの謎のマイルールや特別なルールの悪影響って?

Q2「謎のマイルールを周りの社員に押し付けている」「あなた(ご自身)だけ適用される特別ルールを勝手に作っている」を回答した人へ、ルールによって業務に悪影響を及ぼしたことがあるか聞いたところ、80.7%が「ある」と回答し、8割の人に悪影響を及ぼしていることがわかりました。

また、「ある」と回答した人へどういった悪影響が及んだのか聞いたところ、お局さんのマイルールによって資料提出・納期が間に合わなかった、他の業務に支障が出て残業になったといった回答が見受けられました。

業務上ルールを作ることは大切なことですが、他の社員にとって理解できないようなルールや、非効率な謎のマイルールがうまれないように、企業は組織マネジメントすることが必要かもしれません。

お局さんに対する印象を聞いたところ、「良い印象」27.0%(「良い印象」8.3%、「どちらかと言うと良い印象」18.7%)、「どちらでもない」29.3%、「悪い印象」43.7%(「どちらかと言うと悪い印象」21.3%、「悪い印象」22.3%)でした。

■お局さんがうまれる理由、「明確な全社ルールがないから」「評価基準が明確でないから」

仕事ができるお局さんが最も多いものの(Q1)、悪い印象をあたえるお局さんもいるようです。

一体何が原因なのでしょうか。

お局さんについて「どちらかと言うと悪い印象」「悪い印象」と回答した人へ、お局さんが生まれる理由を聞いたところ、TOP3は「明確な全社ルールがないから」34.4%、「評価基準が明確でないから」32.8%、「上司(管理者)がいないから」28.2%でした。

企業側で業務において明確なルールを設け、評価基準を社員に明示することで、お局さんの能力を最大限に活かし、生産性の高い企業にすることができるかもしれません。

■お局さんの神エピソード:「上司から守ってくれた」「案件対応で迅速にサポート」お局さんがいてよかったと思った“神エピソード”について聞いたところ「緊急時に大量の申請書類を徹夜で仕上げてくれた」「わからない案件対応の際、いろいろな部署に連絡をして対処してくれた」といった回答が見受けられました。

これまでの経験で培われたお局さんのスキルや人間関係を駆使して、サポートしてくれたようです。

また、仕事を辞めるようと思っていることを話した際、お局さんに引き留めてもらい現在でも仕事を続けられていること、逆に今お局さんが辞めたいと話しているのをご自身がお局さんの退職を引き留めているといったエピソードもありました。

■まとめ「お局さん」という言葉は、ネガティブなニュアンスを込めて使用されることが多い言葉ですが、今回の調査結果では、職場にいる最も多いお局さんの属性は、「仕事ができる”プロフェッショナルお局さん”」52.0%でした。

一方で、回答者が勤める会社にいるお局さんの特徴でややネガティブ寄りの回答が目立つなど、職場に長く勤めているが故に、仕事の正確性が高くスピードが早い一方で、周りの社員からは他人の意見を素直に受け入れる柔軟性がやや低いと思われることがあるのかもしれません。

■調査概要調査機関:株式会社識学調査対象:全国の従業員数10名以上の企業に勤める20歳~39歳の男女で、職場に長く働いているベテランの女性社員がいる人有効回答数:300サンプル(男性 150名、女性 150名)調査期間:2022年8月17日調査方法:インターネット調査※同調査では、小数点第2位を四捨五入しています。

そのため、数字の合計が100%とならない場合があります。

(エボル)。

CATEGORY