ベネッセのオンラインならいごと「チャレンジスクール」で「デジタルクリエイター」「探究学習」の2講座が開講

マイライフニュース

ベネッセコーポレーション(以下、ベネッセ)のオンラインならいごと「チャレンジスクール」では、4月から新たに小学4年生~中学3年生対象「デジタルクリエイター」、小学1年生~6年生対象「探究学習」の2講座を開講する。

「チャレンジスクール」は、「一流指導」「成長実感」「送迎不要・保護者の負担軽減」に徹底的にこだわった、「好きなこと」を自宅で学べるオンライン講座とのこと。昨年4月から開講している「ダンス」「アート」では、「動きを声に出したり歌いながら、親子でも踊れる」「講師だけでなく、他の生徒さんの作品からも学べる」といった、オンラインならではのメリットに気づいたという声が多数寄せられている。

今年4月から開講する2講座は子どもや保護者の双方から多数の要望が寄せられていた習い事とのこと。

小学校・中学校での「プログラミング」、高校での「情報I」が必修化される中、わが子にデジタルリテラシー(ITを使いこなす能力)を身につけさせておきたいと考える保護者が増えている。加えて、デジタル技術を駆使したクリエイティブ職への子どもたちの関心も高く、小学生になりたい職業を聞いたベネッセの調査でも、3年連続で「ユーチューバー」が1位、2位に「漫画家・イラストレーター・アニメーター」、4位に「ゲームクリエイター・プログラマー」がランクイン(「小学生がなりたい職業ランキング 2022」(「進研ゼミ小学講座」調べ))している。また、これからの世の中は、社会に出てからも「自ら学び続ける」必要がある。そして、「自ら学び続ける」習慣は小学生から高校生までの間の探究学習で身につけることができると「チャレンジスクール」は考える。さらに探究学習の経験は、大学入試の際の「小論文」や「プレゼンテーション」でも役立つ経験となる。

このような中「チャレンジスクール」では、デジタルハリウッドの現役プロクリエイターの指導で、デジタル技術を身につけ活用しながら表現する力を伸ばす「デジタルクリエイター」と、職業を切り口にした独自カリキュラムで、進路や職業観を養いながら自ら考え解決する力を伸ばす「探究学習」の2講座の新規開講を決定した。

[講座概要]
デジタルクリエイター
 対象:小4~中3
 受講費:月々6980円(税込)
 時間:約60分×週1回 年間43回
 1クラスの定員:12名
探究学習
 対象:小1~小6
 受講費:月々5980円(税込)
 時間:約60分×週1回 年間45回
 1クラスの定員:20名

ベネッセコーポレーション=https://www.benesse.co.jp/

CATEGORY