現代アートとアンティークが融合する古民家「一棟貸しの宿」桑名市に開業

ストレートプレス(STRAIGHT PRESS)


伊勢の玄関口である桑名市船馬町に、明治創業「丸与木材」の築70年超の本家をリノベートした一日一組限定の一棟貸ホテル「MARUYO HOTEL(マルヨホテル)semba」が開業した。

明治から令和へ引き継がれる材木商の本家

江戸時代に東海道唯一の海上路である「七里の渡し」のあった桑名市船馬町。「伊勢の一の鳥居」があることでも知られ、木曽三川の重なる桑名は流通の拠点として大きく繁栄、料亭や花街も発展し120もの旅籠があったとも言われている。

第二次大戦で大空襲を受けて焼け野原となり、丸与木材の本家も消失。戦後懸命に木材をあつめ、近隣でいち早く復興の証として再建したのが、現在のMARUYO HOTELとなる建物だ。


令和になり空家となっていたこの建物を引き継いだのが、丸与木材創業者の玄孫となる「MIWA Holdings」の代表・佐藤武司氏。創業期から伝わる「丸与」という商号とロゴを引き継いで同ホテルを誕生させた。

現代アートとアンティークが融合


1階には、土壁に包まれながら読書やティータイムが楽しめるラウンジ、


それぞれに趣の異なるツインルーム(バスルーム付)2部屋、露天風呂がある。また2階には、揖斐川と住吉神社を臨む広々とした大広間を用意。


インテリア・デザイン、アートのディレクションは名古屋で工芸のギャラリーを営む「Gallery NAO MASAKI」の代表・正木なお氏が監修。具体の堀尾貞治氏の作品や、江戸時代の杉戸絵、城所右文次のバンブーチェアなど、現代アートとアンティークの融合からできあがっているのが同ホテルの特長だ。


作家・内田鋼一氏のカップや、世界のコレクターが憧れる飯塚琅玕斎の竹籠など、“今と過去”、“アートと工芸”を絶妙なバランスで融合させ、時間と空間を彩る。

作りたての朝食&有名店での夕食オプション


同ホテルは片泊まり(朝食のみ付)の宿で、桑名の素材を取り入れ、作りたてを大切にした朝食を提供。

夕食は、蛤鍋の「日の出」や松坂牛すき焼きの「柿安」などの有名料亭が徒歩圏内にあるほか、車で30分の名古屋にある一つ星フレンチ「壺中天」などでの夕食をセットにしたプランも用意されている。

そのほか、「七里の渡し」を船で渡るクルーズプランもあるので、歴史と伝統が息づく桑名の街を堪能してみよう。

■「MARUYO HOTEL Semba」
住所:三重県桑名市船馬町 23

CATEGORY