世界の最新医学情報に基づき新型コロナの実像をわかりやすく解説した一冊

ストレートプレス(STRAIGHT PRESS)


大阪市立大学名誉教授(分子病態学)井上正康氏が新型コロナウイルスの実像を解説!世界の最新医学情報に基づき新型コロナウイルスの実像をわかりやすく解説した書籍『本当はこわくない新型コロナウイルス 最新科学情報から解明する「日本コロナ」の真実』が、方丈社から10月1日(木)より発売中だ。

“国民向けの処方箋”

今春以来、新型コロナウイルスの医学的実害が少ないことが明白にも関わらず、国内では深刻な生活被害が未だに続いている。

この被害はテレビ視聴率と相関しており「メディアが煽った恐怖心による国家レベルの思考停止と過剰反応」が本質で、医学的根拠のない自粛と同調圧が深刻な実害を与え続けているのだという。

同書は、井上正康氏が新型コロナウイルスの実像をわかりやすく解説した国民向けの処方箋だ。

日本の感染症と欧米諸国の感染症

新興感染症では、時間経過とともに明らかになる客観的事実に基づき、過剰反応せずに少しずつ軌道修正しながら対応することが大切。

しかしながら、日本では冷静で科学的な視点よりも、メディアが流す情報に翻弄されてきた実態がある。

実際のところ日本の感染症は欧米諸国とはまったく異なっており、重症者数や死者数も欧米よりけた違いに少ないのが事実だ。

「次の波」に正しく備える

いま私たちに求められるのは、この教訓を生かしてコロナの「次の波」に正しく備えること。同書ではコロナ騒動を振り返りながら、新しい感染症とどのようにつきあっていけばいいのかを考え、このウイルスについてわかってきた最新の知識や免疫のしくみについてわかりやすく解説。

さらに「次の波」への備えについて、基本的な考え方と具体的な対応策を提案している。

『本当はこわくない新型コロナウイルス 最新科学情報から解明する「日本コロナ」の真実』は1200円(税抜)。

これからやってくるといわれるコロナの「次の波」。正しい対策を施すために、最新医学情報をチェックしてみては。

CATEGORY