「Hey! Say! JUMP」岡本圭人だけじゃない グループ脱退もジャニーズ事務所に残る

J-CASTトレンド

「Hey! Say! JUMP」のメンバー・岡本圭人さんが2021年4月11日をもって、グループとしての活動を終了し、ジャニーズ事務所所属タレントとして俳優業に専念する。4月5日、同事務所の公式サイトで発表があった。

「グループ脱退だが、事務所には残留する」ことについて、ツイッターでは「珍しい」と受け止める声が上がっている。岡本さんの他に、この「レアケース」に当てはまるジャニーズアイドルは誰か。

山Pは「NEWS」脱退後も残留

まず「NEWS」の元メンバー・山下智久さん。11年10月7日付で同グループを脱退したが、20年10月31日に退所するまでは事務所所属のまま活動を続けていた。

「NEWS」の元メンバー・錦戸亮さんも、山下さんと同時期にグループを脱退。ただ、掛け持ちしていた「関ジャニ∞」での活動に専念するためだった。錦戸さんは2019年7月からの5大ドームツアーを最後に関ジャニからも脱退すると、同年9月末に事務所を退所したため、岡本さんや山下さんとは少し異なる。

錦戸さんと同じく、「関ジャニ∞」と「NEWS」を掛け持ちしていた元メンバー・内博貴さんは、今なおジャニーズ事務所に所属している。公式サイトにある活動記録は2000年から情報があるが、04年と07年の間は空白。その間の06年にグループを脱退したが、今は歌手、俳優、タレントとして活動している。

3月31日に脱退・退所した二人

昨今のジャニーズ所属アイドルの動向を見ると、「グループ脱退」と「事務所退所」がセットになっている例が多い。

直近では、21年3月31日でグループ脱退・事務所退所した元「King & Prince」の岩橋玄樹さん。18年5月23日のCDデビューから約5か月で、パニック障害の治療のため活動を休止していた。4月1日にインスタグラムアカウントを開設したことで話題になっている。

同じ日、グループ脱退と同時に事務所退所した人物がもう一人いる。「TOKIO」の長瀬智也さんだ。3月31日夜放送の「TOKIOカケル」が、グループメンバーとしての最後の仕事だった。

岡本さんはこれまで、米国の演劇学校「アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ」のニューヨーク校に18年9月から留学し、20年7月に同校を卒業。当初、「二年制の演劇学校に通う」と公式発表があったが、2年を過ぎてもグループへの「復帰」発表はなかった。「Hey! Say! JUMP」メンバーとしての岡本さんの帰りを待ち望んでいたファンにとっては、今回の発表が「寝耳に水」だったようだ。

CATEGORY