キュンキュンがとまらない!『見るだけで癒される 愛らしすぎる犬図鑑』が発売

ストレートプレス(STRAIGHT PRESS)


大和書房から、『見るだけで癒される 愛らしすぎる犬図鑑』(福田豊文・写真、今泉忠明・監修)が9月11日(土)に発売される。

103種310匹の可愛すぎる犬を掲載


『見るだけで癒される 愛らしすぎる犬図鑑』990円(税込)は、普段ペットショップ・街中などでも目にする犬種や、日常生活ではなかなか出会えない犬種の子犬の姿を、オールカラーで掲載するポケットサイズの犬図鑑。


103種310匹の可愛すぎる犬を美麗な写真と共に紹介しており、それぞれの犬種の歴史や物語も学ぶことができる。“最近癒しが足りない”、“キュンキュンが足りない”と感じている人に手に取ってほしい一冊だ。

犬はどうやって人と暮らすようになったの?


犬は人間と暮らすようになった最初の動物だと言われている。

2~4万年前のシベリアに棲んでいたオオカミが食べ物を求めて人里にやってくるようになり、好奇心が強かった個体が人間との交流を深めていった。そこから繁殖が続けられ、新たにやってきた人類が連れてきたカイイヌとの交雑が起こり、大型犬が生まれたと考えられている。日本人が犬と暮らし始めたのは1万年以上も前。日本書紀には犬は神として登場している。

ポケットサイズ・オールカラーの『見るだけで癒される 愛らしすぎる犬図鑑』を手に入れて、可愛すぎる犬の写真に癒されながら、103種類の犬種の歴史を学んでみては。

CATEGORY