「慎吾ママ」に「ゴリエ」、「羞恥心」 復活してほしい「2000年代キャラ」は?

J-CASTトレンド

元SMAPの香取慎吾さん演じる「慎吾ママ」が、2021年9月13日放送の「ワルイコあつまれ」(NHK・Eテレ)にサプライズ出演した。8月27日には、お笑いコンビ・ガレッジセールのゴリさん扮する「ゴリエ」が、「新しいカギ 15年ぶりゴリエ復活コント3時間SP」(フジテレビ系)に登場。いずれもネットで「懐かしい」と話題になった。

2000年代には、「流行したテレビ番組から誕生した人気キャラクターが、CDデビューやコンサート出演」する例が数多くあった。そこでJ-CASTトレンド編集部は、同年代に人気を集めたキャラクターを6組選出。「また見たいキャラクター」はいるだろうか。

アイドルから芸人まで CDも売れた人気キャラ

 まず、「慎吾ママ」。フジテレビ系バラエティー番組「サタ☆スマ」(1998~2002年)の人気コーナー「慎吾ママのこっそり朝御飯」から生まれた。2000年発売のシングルCD「慎吾ママのおはロック」はミリオンセラーを記録し、「おっはー」は、同年の「新語・流行語大賞」を受賞するなど、人気を博した。

お笑いコンビの爆笑問題がネズミになった「爆チュー問題」(おおたぴかり・たなチュー)は、フジテレビ系の子ども向け番組「ポンキッキーズ」内の1コーナーに1999年から登場した。2006年の番組第2期終了に伴って、名前を冠したタイトルで独立。その後、2016年まで約10年続いた。また、17年以降もフジテレビFODで「爆チュー問題」という番組名のバラエティーを配信していた。

「ゴリエ」は、フジテレビ系バラエティー番組「ワンナイR&R」(2000~2006年)がルーツだ。CDを3枚発売しており、中でもデビュー作「Mickey」(2004年)はオリコン最高1位を獲得。05年には「Pecori ♥ Night」でNHK紅白歌合戦への出場も果たした。

番組から誕生した異色のコラボユニットたち

クイズ番組から誕生したキャラクターもいる。フジテレビ系「クイズ!ヘキサゴンⅡ」(2005~11年)に出演していた、つるの剛士さん、野久保直樹さん、上地雄輔さんの俳優3人によるユニット「羞恥心」だ。デビューシングル「羞恥心」(2008年)はオリコン年間シングルチャートで5位に入り、同年末の日本レコード大賞で特別賞を受賞。紅白歌合戦にも出演した。

EXILEとお笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史さんのコラボレーションユニット「オカザイル」は、2007年のバラエティー番組「めちゃ2イケてるッ!」(1996~2018年)の企画の一環で結成。岡村さんはパフォーマーとして、EXILEのライブにたびたび出演した。11年と13年、15年にも再結成し、同番組初のDVD化も果たしている。

「矢島美容室」は、お笑いコンビ・とんねるずと歌手のDJ OZMAさん(ロックバンド「氣志團」のリーダー・綾小路翔さん)からなる、「親子コンセプト」のユニットだ。フジテレビ系バラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(1997~2018年)の企画から、シングル「ニホンノミカタ -ネバダカラキマシタ-」(2008年)でデビュー。同曲は、08年放送のロッテのガムCMに採用された。

CATEGORY