「PS5」アマゾンで「招待販売」復活 「先着順やめたか」予想の根拠

J-CASTトレンド

ECサイト「アマゾン」で、「プレイステーション(PS)5」の「招待販売」が実施されている。PS5通常版の販売ページで、2022年6月15日に確認できた。

アマゾンにおけるPS5の招待販売は、2021年10月にも実施された。それまでは先着順だったのだ。「招待リクエスト」を行い、アマゾンから「招待メール」を受け取ったユーザーのみ、注文できるというシステムだ。

「試験的に実施」だった

昨年10月の招待販売では、5日8時30分〜20時30分にリクエストを受け付けた。リクエスト者への「招待メール」は、翌10月6日に送信された。

J-CASTトレンドは当時、アマゾンジャパン広報にこの制度について取材した。「招待の申込をいただいたお客様に対して、公平な基準に基づいて招待」「お客様の需要が高いPS5の販売において試験的に実施」との説明だった。

その後、招待メールが送られなかった人を対象に、自動で10月16日〜29日に追加での招待販売が実施された。

記者が調べた限り、その後招待販売は実施されず、先着制に戻った。入荷直後には毎回アクセスが集中し、「カート」(買い物かご)にPS5を入れられたはずなのに実際にはエラーで買えない、というのが定番の光景だ。

前回との大きな違い

今回の招待販売の説明では、21年10月実施時と大きな違いがある。リクエスト受付期間は書かれていないのだ。一方、こんな表記がある。

「招待リクエストは12か月間有効です。一度リクエストいただけば、有効期間中は再度リクエストいただく必要はありません」

また、「招待メールは商品の入荷状況に応じて随時お送りします」とある。素直に読めば、この先しばらく招待制での販売が続き、都度抽選が行われると受け取れそうだ。

ツイッターでは、「1年間かけての抽選ってこと?」「先着順じゃなくなった!」と、今後招待販売が続くと予想する声が複数存在する。

J-CASTトレンドでは6月16日、今後の販売方法についてアマゾンジャパンに取材を申し込み、回答を待っている。

CATEGORY