「PS5超え」ゲーム機「Steam Deck」日本で予約開始 輸入版は高額で転売

J-CASTトレンド

ポータブルゲーム機「Steam Deck」の日本での予約受付が、2022年8月4日に始まった。パソコン(PC)向けゲーム配信サービス「Steam」の取り扱いソフトを使って遊べる。ゲーム機は、Steamを運営する米「Valve Corporation」とKOMODO(東京都武蔵野市)が販売する。

公式サイトによると、携帯機ながら最新のPC向けゲームを実行できる性能を持つという。予約受付を開始した段階で、すでに転売をあやぶむ声が出ている。

海外では発売後に供給難

「Steam Deck」は、本体画面の左右に操作用のボタンやスティックを搭載し、持ち運んでプレー可能だ。本体容量や価格の異なるモデルが3種類あり、「64GB eMMC」モデルは5万9800円(税込、以下同)、「256GB NVMe SSD」は7万9800円、「512GB NVMe SSD」は9万9800円。2022年末に出荷予定で、在庫が確保されると予約者にメールで通知される。

米国、カナダ、英国、欧州連合(EU)地域では先行して2月25日に発売。当初から現在に至るまで予約販売という形式をとっているが、在庫は潤沢でないようだ。3月1日付米ワシントンポスト(電子版)はSteam Deckが品薄だと報道。「初回出荷は、需要を全く満たせなかった(編集部訳)」としている。

Steam公式サイトの7月30日付発表によれば、これまで原材料不足によりSteam Deckの出荷には影響が生じてきた。供給をめぐる問題は徐々に解消されつつあるとしている。

昨今のゲーム機は、ソニーの「プレイステーション(PS)5」や米マイクロソフト「Xbox Series X|S」をはじめ、品薄や転売がたびたび話題となる。8月4日のツイッター上では「どうせ(Steam Deckも)転売するんだろ」「転売屋のおもちゃになるだろうな」と危惧する声が10件以上出ていた。

「予約金1000円」の意味

フリマアプリ「メルカリ」では、海外から輸入されたSteam Deckがこれまでに10件近く出品されている。相場は18万3000円〜24万円で、日本での公式価格の2倍以上だ。「国内版」が出荷された後に高額転売が横行しないか、気がかりだ。

ただValve側は、転売行為に無策ではない。欧米での予約受付開始時(21年7月17日)から最初の48時間は、「不正転売の可能性」に備え、過去にSteamでの購入履歴のあるユーザーのみを購入可能なユーザーとしていた。

日本での販売には「購入履歴」による制限は見当たらないが、購入には一定の条件がある。まず、予約は1人1回まで。また転売対策かは不明だが、予約料金1000円の支払いが必要だ。購入の意思を明確に表示してもらうためだと公式販売ページ上で説明している。予約料金は本体の購入代金から差し引かれる。

CATEGORY