Vtuberグッズの「無在庫転売」許さん 運営側が自ら買い上げを宣言

J-CASTトレンド

フリマアプリに出品されている自社グッズの転売品を自ら購入――。eSportsで活躍するVTuberによるプロジェクト「ぶいすぽっ」運営は、このような取り組みを行っていると2022年9月22日、公式ツイッターに投稿した。

ツイートによれば、フリマアプリには現在、「ぶいすぽっ」に所属するVTuberグッズの「無在庫転売」(手元にない商品を出品し転売する行為)が散見されている。そうした転売行為への対策の一環だ。

定価から10倍以上の高額

「ぶいすぽっ」は、所属VTuberの直筆サインが入ったポストカードをインターネット上のショップサイトで販売している。また購入者が希望すれば、任意の「ニックネーム」を指定し、カードに記入してもらえる。これが、高額転売のターゲットとなっている。

例えば公式価格2000円(税込、以下同)の「藍沢エマ直筆サイン入りポストカード」。2022年9月18日に発売されたグッズで、すでに「在庫なし」と表示されている。

メルカリ上では、このポストカードは9月22日までに2件、それぞれ2万8000円と3万円で転売された。どちらも売り切れ済みだ。

転売品の商品説明には、2件とも「ニックネーム」の指定を購入後に受け付けると書かれている。

出品段階ですでに出品者の手元にポストカードがあれば、新たにニックネームを指定し「藍沢エマ」さんに記入してもらうことは当然できない。このため、これらの出品は無在庫転売の可能性がある。なおメルカリやラクマの利用規約は、無在庫での出品を禁止している。

転売行為発覚した人には

上述通り、フリマアプリでは無在庫転売が散見されるとして、「ぶいすぽっ」公式ツイッターは「定期的に転売商品を買い上げております」と投稿。「転売行為が発覚した方については、販売停止および今後の販売をお断りさせていただきます」と付け加えている。

そのほかに説明はなく、どのように転売行為を特定し販売停止につなげるのか取り組みの詳細は不明だ。ただ、転売対策として運営自ら転売品を購入するという注力ぶりに、ファンからは「買い上げは強すぎる」「神運営」と絶賛の声が相次いでいる。

CATEGORY