コーセー、「雪肌精(せっきせい)」のグローバル化を加速し「雪肌精 MYV」を最高峰シリーズ「雪肌精 みやび」として日本らしさを発信

マイライフニュース

 コーセーは、同社を代表するスキンケアブランド「雪肌精」が5月に誕生35周年を迎えることを機に、ブランドのグローバル化を加速させ、さらなる認知の拡大と顧客接点の強化を進める考え。

 第一弾として、「雪肌精」の高付加価値シリーズとして従来展開してきた「雪肌精 MYV」を、ブランドの最高峰シリーズとして位置づける「雪肌精 みやび」と改称し、新たなマーケティング戦略を展開する。

 「雪肌精 MYV」は、マス市場で人気の「雪肌精」の高付加価値シリーズとして2016年に誕生、アジアを中心に2つのスキンケアライン「コンセントレートライン」「アクティライズライン」とベースメイクを展開している。

 3月1日からは、さらなるグローバル展開の強化を見据え、“日本発”を想起しやすいよう、シリーズ名のアルファベットを平仮名表記の「雪肌精 みやび」に変更する。ロゴの平仮名部分の書体は、書家の岡西佑奈氏が担当。「青曲」などの作品を通して青い地球を表現する岡西氏と、「SAVE the BLUE」プロジェクトを通じて地球環境の保全と啓発活動に取り組む「雪肌精」のポリシーが一致し、実現した。

 商品政策として、スキンケアの「コンセントレートライン」を「アルティメイトライン」(7品目7品種)としてリニューアルします。どのアイテムにも「ハトムギ R2(サッカロミセス/ハトムギ種子発酵液・イザヨイバラエキス・グリセリン(保湿))」と「植物根エキス V(オタネニンジン根エキス・ジオウエキス・カンゾウ根エキス・センキュウエキス・オウレン根エキス・マドンナリリー根エキス・オウゴン根エキス・ショウガ根エキス・グリセリン(保湿)」を新配合、角層細胞ひとつひとつにエネルギーが吹き込まれたような、極上の透明感がみなぎる肌を目指す。外箱には、ロゴと同様、岡西氏による作品を取り入れ、躍動感を感じさせるデザインに仕上げた。容器は和をイメージした槌目模様を踏襲する一方で、既存の白色から日本の伝統色である藍色に変更している。

 3月1日から、「雪肌精 みやび」のグローバルミューズとして、フィギュアスケーターの羽生結弦選手を起用する。羽生選手は昨年3月から「雪肌精」のブランドアンバサダーを務めており、同社のオフィシャルサイト内「KOSE SPORTS BEAUTY NEWS」での期間限定ブログの投稿やCM映像を通じ、「雪肌精」の特長である「透明感」を訴求してもらった。今回、「雪肌精 みやび」のキャッチコピーを「透明感は、新次元へ。」とし、羽生選手のビジュアルとともに、アジアを中心とする各国での認知の拡大を目指す考え。スケートに対して妥協のない羽生選手の姿と、誕生から35年にわたり、「透明感」を追求し続けている「雪肌精」の姿勢を重ね合わせ、グローバルに発信していく。
 日本・アジアの一部百貨店と免税店にて展開している「雪肌精グローバルカウンター」は、「雪肌精」シリーズを取り揃えた専用カウンターとして2016年に誕生した。今回、「雪肌精 みやび」発売を機に新カウンターを開発、展開を開始する。デザインは今回も、日本を代表する建築家、隈研吾氏が担当。日本の風土に合った建築作品を多く作られている隈研吾氏のデザインと、豊かな自然に育まれた和漢植物の力を特長とする「雪肌精」の世界観に、高い「和」の親和性を見い出し、店頭開発を行った。今回のカウンターには「雪肌精」がかなえる透明感と肌のきめの輝きが表現されている。新カウンター1号店として3月25日に東京・銀座三越に導入、その後はアジアを中心に順次展開していくことで、「雪肌精」の存在感と付加価値を高めるとしている。

 「雪肌精」は、1985年に誕生し、和漢植物エキスをバランスよく配合した、様々なスキンケアアイテムを中心に展開しているブランドとのこと。なかでも、みずみずしく心地よい使用感で透明感のある肌に導く化粧水「薬用 雪肌精」は、幅広い世代から支持されており、発売から累計出荷個数6000万本(2019年2月末時点、各サイズ品・限定品を含む)を突破した。日本のみならず、アジアを中心とする海外の消費者にも支持されているという。
[小売価格]ノープリントプライス

コーセー=https://maison.kose.co.jp/site/default.aspx

CATEGORY