歩く時間が痩せ時間に変わる!歩く前の「一手間ストレッチ」

WWO-Woman Wellness Online-

多くの女性が、脚の太さやゴツさに悩んでいますよね。エクササイズやマッサージを続けても効果はあまり期待できず、結局何をしたらいいのかわからないと悩む声もよく聞きます。

そんな時は歩く時間を利用して脚やせを叶えましょう。ただし、歩く前に必要なストレッチがあります。今回は痩せ癖をつくる歩き方を習慣にするための、一手間ストレッチをご紹介します。

 

太ももの後ろを伸ばしましょう

歩くとき脚運びが重くて歩幅が狭かったり、前のめり姿勢で歩いていて、脚がすぐ疲れたりしませんか? どちらも脚やせにはNGな歩き方です。颯爽と歩くやせ癖を叶える歩き方は歩幅が大きく軽やかです。

歩いているときをエクササイズタイムに変えるために、朝外出する前に太ももの後ろをしっかりとストレッチしておきましょう。腰がすっと立ち、姿勢が整い歩きやすくなるはずです。

 

裏もものストレッチ

( 1)両脚を腰幅に開いて立ちます。

(2)膝を軽く曲げてお尻を後方へ突き出した姿勢で、太ももの上に両手を乗せましょう。

出典: Woman Wellness Online

( 3)お尻を後方へ突き出しながら、上半身は前方へ引き伸ばすようにします。太ももの後ろ側と、腰のあたりが気持ち良くストレッチされる位置を探しましょう。

(4)30秒程度キープします。

出典: Woman Wellness Online

(5)次に、肘を膝の少し上に下ろし、体勢を低くします。先ほどと同じようにお尻を後方へ突き出し、上半身は前方へ引き伸ばします。

(6)そのまま30秒キープし、次に片脚に重心を移動して30秒。終えたら反対側の脚に重心を乗せてさらに30秒キープします。

(7)終えたらもう一度両脚に重心を乗せて10秒キープしましょう。

(8)姿勢を戻して楽にします。

 

太ももの裏側のストレッチをしっかり行っておくと、姿勢がすっと伸びやすくなり歩くときの足取りも軽く感じられるでしょう。大股で歩くことで全身の筋肉が使いやすくなり、やせグセを作る歩き方に変えていくことができます。ぜひ試してみてくださいね。

【筆者略歴】

上村 由夏

「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

CATEGORY