【押印】【捺印】どっちも読める?ビジネスシーンに必須の常識漢字

liBae

判子を使う際に言い方が2種類あるのをご存じですか?

押印(おういん)と、捺印(なついん)という言葉があります。

皆さんは捺印の方がよく耳にしますよね。

今回は、押印と捺印の違いをご紹介します!

【押印】とは

押印とは「記名押印」が略名で、代筆や印字またはゴム印で記された指名に印鑑を押すことです。

法的用語として使用します。

【捺印】とは

捺印とは「署名捺印」が略名で、つまり筆記用具を用いて自筆で自分の名前を書いた自署に印鑑を捺すことです。

日常用語として用います。

使い方

よく耳にするのは、「こちらの欄にご押印いただけますか」というフレーズでしょう。

記名+押印で自筆サインと同等の信頼性を持つとされます。

丁寧な言い方に気を付けて「ご署名ご捺印」と言うとくどい印象となってしまうので気を付けてくださいね!

その他

【調印】はなかなか耳にしない言葉ですが、大きなプロジェクトやビジネス取引など重大な契約に使われます。

「ちょういん」と読みますよ。

【押捺】は指紋を押すときに使う言葉という印象があるかもしれません。

「おうなつ」と読み、実は印鑑を押す際にも使える言葉です。

いかがでしたか?

法的効力では捺印署名の方が押印記名よりも強いので間違えないように注意してくださいね。

他にもたくさんの言葉があるので調べてみると面白いかもしれません。

(liBae編集部)

CATEGORY