そろそろ外に出たい…!予定なくて困る「暇人あるある」4選

liBae

新型コロナウィルスの影響で、外出が自粛されています。

そこで、今回は予定がなくて困る方の「暇人あるある」を紹介。

みなさん予定がなくて困っているので、本記事を読んで楽しみましょう。

(1)意外とやってしまう「人生観を考える」

暇な時間ができると、人はついつい考えごとをしてしまいます。

その中でも、「人生観」を考えるというのはよくやってしまうでしょう。

「人生ってなんのためにあるんだろう?」

「本当に自分はこのままでいいのだろうか?」

など、とにかく哲学的に考えて、暇な時間をすごしてしまいがちです。

(2)「次の日のことを考えてスッキリとすごせない」

例えば、日曜日の朝を考えてみましょう。

今日は休みだ、さぁ何をしようかな?と思いをめぐらすものです。

しかし、意外と多いのが、次の日のことを考えてしまうことでしょう。

「明日は月曜日だから、早く寝ないとマズいかな?」

など、案外次の日のことを考えて、暇を潰してしまう方も多いです。

(3)「やりたいことがありすぎると結局何もやらない」

暇ができると、色々やりたいことが頭をよぎります。

特に、日々の生活が忙しと、休みの日にしたいことはたくさんになるでしょう。

ですが、意外と多いのが、結局何もしなかったということです。

例えば、「後でやろう」「もう少しだけ寝よう」などと考えると前に進みません。

結局、ぐだぐだと暇を潰していしまい、何もせずに終わってしまうのです。

(4)うっかりやりがち「気づいたら寝ている」

「気づいたら寝ている」というのは、暇人あるあるではないでしょうか?

特に目的を持たずにぼんやりしていると、ふと眠気が襲ってきます。

結局、そのまま横になり、1~2時間程度眠ってしまうなんてことも。

最悪の場合、起きたら夕方になっていたというケースもあるでしょう。

そうならないためにも、休日の昼間はベッドに横にならないようにしてください。

いかがでしたか?

今回は、予定がなくて困る人に多い「暇人あるある」を紹介しました。

しっかりと目的をもって、やることを考えると暇な時間を効果的に使えるでしょう。

(liBae編集部)

CATEGORY