のど飴で仕事中にリフレッシュ!“すーっと派” or “あま~い派”、東京&大阪の女性はどちらを支持!?

美容最新ニュース
ヴイックスのど飴シリーズを販売する大正製薬株式会社は、東京都・大阪府在住の働く女性500名を対象として、「飴」に関する調査を実施。
”飴ちゃん”といえば大阪のイメージだが、実際にこだわりが強いのは東京など、意外な結果が明らかとなった。

気分転換、口さみしさ解消、おやつ…飴は働く女性の“相棒”に
はじめに、仕事中に飴・キャンディーを食べるシーンを聞くと、最も多かったのは「気分転換・リフレッシュしたいとき」(57%)、ほかに「口さみしいとき」(47%)、「小腹が空いたとき」(45%)、「休憩・ひと休みしたいとき」(42%)などが続いた。
また、「仕事中、飴・キャンディーが手放せないと思いますか?」と聞くと、東京・大阪ともに46%が「思う」と回答。
働く女性にとって飴・キャンディーは仕事中に欠かせない存在になっているようだ。

飴にこだわりが「とてもある」のは東京のほうが多い
こうした中で、「仕事中に食べる飴・キャンディーにこだわりはありますか?」と聞いたところ、東西ともに約2人に1人が「ある」と回答。
この内訳を見ると、「とてもある」と回答した人が東京は16%だったのに対して、大阪は10%と6pt差がついている。

東京側からは、

「午前中はスッキリするという意味でもミント系のものやのど飴、午後は少しボーっとするタイミングで甘い系の飴、乾燥が気になる時期は時間に関係なくのど飴をなめる」(31歳・東京都)
「エアコンで乾燥するとき用のハーブ系のど飴、小腹が空いたとき用のミルク系、両方を満たしたいとき用のフルーツ系のど飴の3種類を、常に職場のデスクに常備している」(30歳・東京都)

など、飴への確固たるこだわりを感じさせるコメントが多数集まり、東京の方がより強いこだわりを持っている人が多いと捉えられる結果となった。

“すーっと”OR“あま~い”、“あま~い”に軍配
飴・キャンディーのフレーバーを、ミントなどの清涼感がある「すーっとした味わい」と、フルーツ系などの「甘い味わい」に大きく分け、普段の仕事中によく食べているものを東西それぞれに聞いたところ、東京・大阪ともに“あま~い派”が57%と同率。
“すーっと派”に関しては、東京が34%、大阪が28%と6ポイントの差が出ている。

また「仕事中に食べるかどうかにかかわらず、自分が特に好きな味わい」を聞いた質問では、“あま~い派”が多数(東京 66%・大阪 73%)だった一方で、“すーっと派”は東京が27%、大阪が17%と、10ポイントもの差が。約3人に1人が“すーっと”を支持しており、根強い固定ファンがいることがうかがえる。

“すーっと派”も“あま~い派”も満足の「ヴイックスのど飴プラス ハーバルミントパウダー」「ピーチ」
2019年9月より発売を開始した、ヴイックスのど飴シリーズの「ヴイックスのど飴プラス ハーバルミントパウダー※」と「ヴイックスのど飴プラス ピーチ※」は、どちらもミントと緑茶の2種類のポリフェノールを配合したのど飴。
バッグに入れられる手ごろなサイズ感で持ち運びに便利なことに加え、ジッパー付パウチ袋タイプでオフィスの“常備飴”としても最適だ。
(※この商品は食品です)

“あま~い派”も“すーっと派”も、大満足の「ヴイックスのど飴プラス」。バッグの中に、あるいはオフィスのデスクに、いつでもリフレッシュできるよう常備してはいかがだろうか。

【参考】
※ヴイックスのど飴プラス
https://brand.taisho.co.jp/vicks/product/

CATEGORY