新日本製薬、強く美しい身体づくりのための夜におすすめの「美活プロテイン」を発売

マイライフニュース

 新日本製薬は、アフターコロナの新たな時代に向け、個人の自律したヘルスケアを支える「スマートヘルスケア事業」を立ち上げる。第一弾として、強く美しい身体づくりのための夜におすすめのプロテイン「美活プロテイン」(17.4g×15回分)を10月16日から発売した。

 新型コロナウイルスの経験を経て、自分自身で健康を管理する「セルフディフェンス」が注目を集めている中、同社で今回新たに立ち上げる「スマートヘルスケア事業」は、“Evidence”(ドクター監修による確かな品質の商品)、“Smart Life”(自律的でスマートな価値観と行動)、“Tech”(身体と効果の見える化)を価値とし、ブランドを構築、順次展開していく。

 今回第一弾として、スマートヘルスケア事業が掲げるこの3つの価値の中で、特に消費者の“Smart Life”をテーマとし、美しく健康な毎日に欠かせないタンパク質を夜に摂取する重要性に着目した、効率的な身体づくりのための「美活プロテイン」を専用オンラインショップで発売した。

 タンパク質は、筋肉、皮膚、骨、内臓、髪、歯、爪などの器官だけでなく、酵素、ホルモンなどの主成分でもあり、身体を構成するために不可欠な栄養素となっている。しかし、日本人の食生活におけるタンパク質摂取量は年々減少傾向とのこと。美しく健康な身体づくりのためには、積極的なタンパク質の摂取が重要となる。

 私たちの身体の中では、タンパク質は合成と分解を繰り返し、シーソーのような関係になっている。そのため、タンパク質不足のときは合成より分解が優位になってしまい、タンパク質の塊である筋肉が減ってしまう。それを防ぐためにタンパク質の合成と分解は一定に保つことが大切であり、定期的なタンパク質の摂取が必要とのこと。特に、就寝中や昼食後の長時間食事をしないタイミングにプロテインを摂ることが、効率的な身体づくりに重要になってくる。

 「美」の基本である健康的な身体づくり。「美活プロテイン」では、身体が求める栄養を効率的に与えられるように独自のバランスとタイミングを考えたという。乳由来の「ホエイプロテイン」「カゼインプロテイン」と、大豆由来の「ソイプロテイン」の3種をブレンド。消化吸収のタイミングが異なる3種のプロテインを配合することで、就寝中も持続的なタンパク質の摂取を行うことができる。身体づくりに必要な栄養を補給するだけではなく、休息にも着目し、GABA100㎎を配合(1回目安量(17.4g)あたり)。また、プロテインとGABAを一緒に摂取することで、効率的な身体づくりをサポートする。コラーゲン2000㎎(製造時あたり)、さらにヒアルロン酸、セラミドを配合し、ハリのある毎日をサポート。また、1回分あたり約100億個(製造時あたり)の植物性乳酸菌と、活きた酵素である植物発酵エキスを配合。スッキリとした毎日の健康をサポートする。1杯で12.81gのタンパク質を摂取。おいしく続けやすいココア味となっており、牛乳や豆乳に溶かして飲むと、さらにおいしく楽しむことができる。

 今回のパッケージは、躍動感に満ちたアートワークを制作し、スポーツイラストレーションの第一線で活躍されている画家・アーティストの山下良平氏によるオリジナルデザインを採用している。

[小売価格]2592円(税込)
[発売日]10月16日(金)

新日本製薬=https://corporate.shinnihonseiyaku.co.jp/

CATEGORY