【微睡む】なんて読む?!ついついやっちゃった事あるかも…?

liBae

「微睡む」という漢字、正しく読むことができますか? 誰もがついついやってしまう、あの行為ですよ! はたして「微睡む」とは何と読み、どのような行為を表しているのでしょうか。

(1)「微睡む」の読み方

「微睡む」は「まどろむ」と読みます。

ひらがなで表記されることが多いので、漢字があること自体に驚いた方も多いのではないでしょうか。

ちなみに送り仮名の「む」がない場合には、「びすい」と読みます。

(2)「微睡む」の意味 小説などでよく見かける「微睡む」ですが、具体的にどういった状態を表しているのでしょうか。

「微睡む」とは、ほんの少しうとうとと浅い眠りに入っている様子を意味します。

「微睡む」と同じ意味を表す言葉に、「転寝(うたたね)」があります。

こちらもひらがな表記されることが多く、あまり見かけない漢字ですよね。

「微睡む」も「転寝」も、見ているだけで眠たくなるような言葉です。

(3)「微睡む」の語源 眠たくてうとうとすると、目がとろんとしてきますね。

その様子から、「まどろむ」は「目(ま)どろむ」が語源といわれています。

実は「微睡む」は、「ちょっとだけ(微)」「ねむる(睡)」という意味からあてがわれた当て字なんですよ。

漢字の意味を紐解けば、なぜ「微睡む」と表記するのかがよくわかりますね。

(4)「微睡む」は英語で何という? 「眠る」を表す英語として有名なのは「sleep」ですよね。

しかし「sleep」は浅い眠りである「微睡む」とは異なり、しっかり深く眠っている様子を意味します。

より「微睡む」に近い英語は「doze」。

I dozed off in front of the television.(テレビの前でついうとうとしてしまった)といった使い方をします。

文章にしてみると、「sleep」とは違う行為であることがよくわかりますね。

眠っちゃいけないとは思いつつ、ついついやっちゃう「微睡む」。

ひらがな表記されることが多い言葉ですが、この機会にぜひ覚えてくださいね。

英語の「doze」も合わせて覚えておくと完璧ですよ! (liBae編集部)。

CATEGORY