なんと読む?【咽喉】耳鼻科の正式名称、ちゃんと読めてますか?

liBae

町に出ればよく目にする「耳鼻咽喉科」という漢字がありますね。

なんとなく見ていたけど、ちゃんと読んだことはありますか? 社会人なら読めていないと恥ずかしい「咽喉」について解説します。

(1)「咽喉」の読み方 「咽喉」という漢字を読んだことがない…というのも不思議ではありません。

見る機会は多くても、会話のなかででてくることは少ないですよね。

でも、いざというときに知らないと結構恥ずかしいですよ…! 「咽喉」は、「いんこう」と読むのが正解。

社会人なら知っておくのが常識だと思って覚えておきましょう。

咽喉が、どの部分を示す言葉なのか知っておくと覚えやすいですよ。

(2)「咽喉」ってどこの部分? 咽喉は簡単にいえば「のど」のことですが、それは何となく知っている人もいますよね。

詳しい部位を知っているのは、お医者さんレベルの知識かもしれません。

だからこそ、咽喉について詳しいととてもかっこいいですよね。

咽喉は頚椎の前方にあり、食道と気管の上です。

咽頭と喉頭から構成されているのが咽喉で、たくさんの血管や筋肉もあります。

喉頭蓋という、食物が気管に入らないようにする重要な組織があるのも特徴。

(3)「耳鼻咽喉科」って? 上の説明を踏まえて、「耳鼻咽喉科」について考えましょう。

名前のとおり、のど・耳・鼻などを見てくれる科ですよね。

耳が聞こえにくかったり、花粉症の症状があったり、咳が出れば耳鼻咽喉科に行きましょう。

咽喉に関するものだと、扁桃炎や喉頭がん・声帯ポリープなどがよく聞く疾患です。

のどの異常は生活にも支障をきたすので、異変があれば早めに受診すべきですね。

(4)「咽喉」のほかの意味 「咽喉」はのどを指す言葉ですが、実はほかにも意味があるのをご存知ですか。

驚くことに、「交通の重要な通路」という意味合いもあります。

のども食物の通り道として、とても重要な部分ですよね。

なかなか使う機会がないかもしれませんが、覚えておいて損はないでしょう。

「咽喉」の漢字が読めれば、のどが痛い時にどの科に行けばいいのかすぐに分かりますね。

意味もしっかり理解しておけば、大人として誇れますよ! 読み方を知らない人がいれば教えてあげましょう。

(liBae編集部)。

CATEGORY