老舗酒蔵が開発した発酵スキンケア「白鶴 米の恵み」が全面リニューアル

美容最新ニュース
「米の恵み」がパワーアップ老舗酒蔵の白鶴酒造株式会社が展開するスキンケアブランド「米の恵み」が全面リニューアル。肌の内側から美しさを引き出す新シリーズ4種が、2020年11月19日(木)に発売された。公式オンラインストア「白鶴Beauty&HealthCare」にて購入可能だ。

老舗酒蔵の発酵スキンケア白鶴酒造では270年を超える酒造りの歴史の中で得た発酵技術を活用し、米の恵みに着目したスキンケアシリーズを開発。酒造りの過程で発見した400種類以上の酵母や独自技術で抽出した米由来の美容成分を使い、大人のゆらぎ肌にアプローチする。

4種のラインナップでハリ肌に新しく生まれ変わった「米の恵み」のラインナップは、導入美容水、とろみ化粧水、保湿乳液、麹サプリの全4種類。

美容液、化粧水、乳液には、9年もの開発の末誕生した酒米「白鶴錦」を使った純米酒や、同社オリジナルの「コメヌカ発酵液エキス」、そして「米由来セラミド」や「加水分解コメエキス」といった4つの米由来成分を配合している。ゆらぎがちな肌を健やかに整え、みずみずしくハリに満ちた素肌へと導いてくれるシリーズだ。

また「麹サプリ セラミド+」には、「白鶴錦」の米麹に、ハトムギエキスや米セラミドをバランス良く配合。ほんのり米の甘みを感じられる粉末タイプで、毎日手軽に美容成分を補給することができる。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※白鶴酒造株式会社
http://www.hakutsuru.co.jp/

CATEGORY