森下仁丹、シールド乳酸菌・ビフィズス菌・ラクトフェリンを配合したサプリメント「ヘルスシールド」を発売

マイライフニュース

 森下仁丹は、負けない身体づくりをサポートする「シールド乳酸菌・ビフィズス菌・ラクトフェリン」の3素材を配合したサプリメント「ヘルスシールド」(30包(1包1.3g))を、11月25日に発売する。

 話題の「シールド乳酸菌」を100億個配合するほか、年齢を重ねると減ってしまう「ビフィズス菌」20億個と、母乳に多く含まれるタンパク質で大人の健康の源ともいわれる「ラクトフェリン」25mgを配合している(1包当たり)。ビフィズス菌とラクトフェリンは、同社のハイパープロテクトカプセルで包み、胃液から守って腸まで届けるのが特長とのこと。健康維持や自己防衛意識が高まっている今、新しい生活様式を取り入れつつ負けない身体づくりを目指す人のセルフケアを支える“ニューライフサポートサプリ”として、通信販売で発売する。

 同品は、1包あたりシールド乳酸菌100億個、ビフィズス菌20億個、ラクトフェリン25mgを配合した、“守る力”をサポートするサプリメント。森下仁丹の胃液から守るハイパープロテクトカプセルが、生きたビフィズス菌とラクトフェリンを“腸へ届ける”という。直径2.5㎜の極小サイズカプセルで飲みやすく、美味しく続けやすいレモン風味となっている。

 シールド乳酸菌(顆粒)は、人間が本来持っている健康力をサポートする乳酸菌。数千株もの中から選び抜かれた乳酸菌で、盾(シールド)のように外部からの敵を防御することをイメージして名付けられた。生きた菌でなくても健康力をサポートすることが確認されている。

 ビフィズス菌(カプセル)は、年を重ねると減ってしまうビフィズス菌。そのまま摂っても胃酸で死んでしまうため、森下仁丹の耐酸性カプセルでガードしている。ビフィズス菌を生きたまま腸まで届ける。

 ラクトフェリン(カプセル)は、​ヒトの母乳、特に初乳や牛乳に多く含まれるタンパク質。ラクトフェリンは赤ちゃんだけでなく、大人の健康にも重要と言われているラクトフェリンを森下仁丹の耐酸性カプセルで包み、胃液に負けず腸まで届ける。

[小売価格]4980円(税込)
[発売日]11月25日(水)

森下仁丹=https://www.jintan.co.jp/

CATEGORY