新型コロナワクチン接種は怖い? 「副反応」はインフルエンザでもゼロではない

J-CASTトレンド

新型コロナウイルスのワクチンが、早ければ2021年2月下旬より日本で接種が開始される。菅義偉首相が21年1月4日の会見で表明した。

コロナの感染拡大を止めるうえで期待されるワクチンだが、その副反応を恐れて「接種しない」と主張する人が、ツイッターやインターネット掲示板で見られる。ただ、接種が始まった米国ではこれまで、深刻なアレルギー反応である「アナフィラキシー」を起こした割合はわずか0.001%にとどまる。それに、他の感染症のワクチン接種結果を見ても、副反応ゼロとはいかないようだ。

インフル、三種混合、日本脳炎でも「副反応」報告

厚生労働省によると、ワクチンを接種した際に生じることがある「副反応」では、発熱や注射した部分が腫れるといった比較的軽く、短期間で治るものが多い。ごくまれに、重いアレルギーなど重症の副反応が起きることがあるという。

たとえば、インフルエンザ。厚労省の報告書によると、2019年10月1日~20年4月30日のインフルエンザワクチンの推定接種者数は、5649万6152人だ。副反応疑い報告数は、製造販売業者及び医療機関からの報告を合わせて333件あった。計算すると、0.0006%となる。うち、重度のアレルギー反応「アナフィラキシー」の可能性があるものが22例(0.00004%)。死亡例も6件あるが、専門家の評価によれば、4症例はワクチン接種と死亡との因果関係は不明であるとされ、2症例はワクチン接種との因果関係は否定的であったという。

副反応が確認されたケースは、他にもある。厚労省が公式サイト上で公開している資料を見てみよう。2020年7月1日~9月30日、日本脳炎ワクチンの推定接種人数は約131万人。うち、副反応疑い報告数は21件で、0.002%の割合だ。MR(麻しん風しん混合)は20年5月1日~9月30日の間に推定129万人が接種し、53件の副反応疑い報告が寄せられた。計算すると、割合は全体の0.004%だ。

米CDCはアナフィラキシーリスク「非常に低い」

米国では、20年12月から新型コロナのワクチン接種がスタートしている。

「ナショナルジオグラフィック」(日本版)は、21年1月8日付の記事で、米疾病対策センター(CDC)が発表した新型コロナのワクチンの副反応でアナフィラキシーが起きる割合を紹介している。これによると、CDCは「米製薬大手ファイザーが独ビオンテックと共同開発したワクチンについて、アナフィラキシー(命にかかわるおそれのある重いアレルギー反応)が起こるリスクは非常に低い」との知見を示した。

新型コロナのワクチンは、2回接種が推奨されている。1回目の接種を受けた人のデータから、アナフィラキシー反応を示した人の割合は平均すると9万人に1人程度にとどまっていることがわかったとのこと。計算すると、0.001%となる。接種人数はまだ多いとは言えないが、CDCが言うように発生割合は極めて低い。

米メディア・ブルームバーグは21年1月12日に、

「新型コロナワクチンの接種により、広範囲にわたって被害が出ている兆候はない。米疾病対策センター(CDC)は深刻な副反応が生じる確率を0.001%としている」

と報じている。

CATEGORY