あなたのプレゼン大丈夫?人前で完璧なプレゼンをするためのポイント

liBae

人前でプレゼンを行うとき、できれば自信を持って完璧に伝えたいですよね。

では一体どのようなことに気をつければいいのでしょうか?

今回は、人前で完璧なプレゼンをするためのポイントをご紹介します!

聞き手を納得させる資料を準備する

人前で完璧なプレゼンをするためには、やはり資料の準備は重要です。

資料を作成する前に大まかなプレゼンの流れを考えておくと、資料を準備しやすくなります。

プレゼンは、5つの構成で組み立てて話すと聞き手も納得しやすいです。

「導入文、結論(一番伝えたいこと)、理由、具体例を交えたエピソード、まとめ」の

構成を元にしてプレゼンの資料を作成すると、上手く流れを作ることができますよ。

人前で完璧なプレゼンをしたいのであれば、覚えておきましょう!

すべてを暗記しない

完璧なプレゼンをしたいと思ったとき、ついやってしまいがちですが実はNGです。

無理にプレゼン内容をすべて暗記する必要はありません。

その理由は2つあります。

1つ目は「プレゼンの本番中に覚えた内容と少しズレがあるだけで焦ってしまうから」。

そしてもう1つの理由は「一方的に流れるように話してしまう可能性があるから」です。

プレゼンは主張することも重要ですが、同時に伝えることも大事なのではないでしょうか?

そのため、暗記するのは重要な構成部分のみでOKです。

大まかに伝えたいポイントを絞って暗記して、プレゼンを行うようにしましょう!

聞き手の気持ちになって話す

人前で完璧なプレゼンをするために重要なことは「聞き手の気持ちになって話すこと」です。

一方的に単調に話すだけでは聞き手はプレゼンの内容に納得できないはず。

そのため、落ち着いた声のトーンで具体的にわかりやすく話すことを心がけてみませんか?

もし余裕があれば、適度なボディランゲージを取り入れて話すのもおすすめです!

もし緊張してしまう場合は、聞き手と会話を楽しむイメージでプレゼンしてみましょう。

少しずつ自分らしく話せて、結果的に人前で完璧なプレゼンができるはずです。

人前でプレゼンするときには、上記3点を覚えておきましょう!

プレゼンを完璧にしたいと考えると緊張しますよね…。

多少、失敗しても要点さえ覚えておいて的確に伝えることができていれば大丈夫です。

緊張してもいいので、プレゼンすることをとにかく楽しんでみましょう!

(liBae編集部)

CATEGORY