ナリス化粧品、UV乳液「アクメディカ 薬用 UVミルク」を発売

マイライフニュース

 ナリス化粧品は、ドラッグストアなどで展開するナリスアップブランドで、1995年のブランドデビュー当時からティーンのアクネケアとして販売してきた「アクメディカ」を昨年5月にコンセプト変更し、パッケージをリニューアル。ジェンダーフリーの肌荒れ・肌悩みに対応できる薬用ブランドとしてリブランディングし、「薬用フェイスパウダー」2種は、前年比265%と大きく伸長した。今回、27年目の「アクメディカ」は、初めてのUV乳液「アクメディカ 薬用 UVミルク」を2月10日から、ドラッグストア、またナリスアップ公式オンラインショップで新発売し、肌荒れ・ニキビ・日焼けに悩む男女の素肌を守り、顧客満足度を高める。

 私たちの肌は、日中、紫外線による乾燥など多くのストレスにさらされている。また、日常的にマスク着用が定着した昨今は、多くの人が肌悩みを増やした。

 「アクメディカ 薬用 UVミルク」は、肌荒れ・ニキビの予防だけでなく、ノンケミカル処方だが、サラっとした使用感とのこと。べたつき・蒸れ・擦れの緩和や、微粒子の付着など様々な日中ストレスから肌を守る。

 「アクメディカ 薬用 UVミルク」の日焼け止め効果は、SPF50+/PA++++で、日焼け止めとしての指標は、表示できる最大であるだけでなく、肌荒れ・ニキビ予防を実現した医薬部外品。乳液と日焼け止めの効果が1本で得られるだけでなく、化粧下地としても使用でき、自然に明るい顔色補正ができるため、時短を実現した。おさいふにも優しい多機能設計となっている。

[小売価格]1045円(税込)
[発売日]2月10日(木)

ナリス化粧品=https://www.naris.co.jp/

CATEGORY