免疫機能と腸内環境にアプローチ ドリンクタイプの機能性表示食品

J-CASTトレンド

ファンケルは「免疫サポート 腸内環境プラス ドリンクタイプ」を2022年1月17日に発売する。

冬場の体調管理に

20年12月に噛んで服用するチュアブルタイプを発売したが、そのような服用法を不得意とする人に向けてドリンクタイプも開発した。キリンホールディングスの独自素材である「プラズマ乳酸菌」1000億個を配合。免疫の司令塔「pDC」(プラズマサイトイド樹状細胞)に働きかけ、免疫維持をサポートする。

また、加齢とともにお通じの回数も悩み事となることから、腸内環境を良好にする「ラクチュロース」(オリゴ糖の一種)も機能性関与成分として含まれている。免疫機能と腸内環境の双方にアプローチできる機能性表示食品は日本初。ビタミン?・ビタミンDの必須栄養素も摂取できる。常温保管が可能なため体を冷やさずに飲めて、冬場の体調管理に役立てられるという。さっぱりとしたヨーグルト風味。

1日摂取目安量は1本(100ミリリットル)。直営店舗では1本と10本入り、通信販売では10本入りのみを取り扱う。価格は1本248円、10本2376円。いずれも税込み。

CATEGORY