東京のコロナ感染者また増加傾向 ワクチン2回接種では防ぎきれない

J-CASTトレンド

新型コロナウイルスの感染者数が、全国的に横ばいから微増に移る気配が出始めている。東京都では2022年6月26日まで、9日連続で前週の同じ曜日を上回った。感染者の半数はワクチンを2回接種しており、2回では効果が薄いようだ。

前週の同じ曜日を上回る

全国の感染者数は、平日の場合、このところ1日1万3000~7000人台が続いている。前の週の同じ曜日を少し上回っていることが多い。

感染者数が多いのは東京都。26日は新たに2004人が感染し、先週日曜日から382人増えた。前の週の同じ曜日の感染者数を上回るのは9日連続だ。ただし、実数はピーク時の約10分の1にとどまっている。

気になるのは、感染者の中にワクチン接種者が多いこと。TBSによると、27日は2004人の感染者のうち、ワクチン2回接種者が1062人。1回も接種をしていない人は459人だった。

25日は、新規感染者2160人のうち、ワクチンを2回接種していた人は1189人。1回も接種をしていない人は450人だった。

両日とも、感染者の半数以上はワクチン2回接種者となっている。全体の約4分の1はワクチン接種の有無が不明で、3回接種者についてのデータは明らかになっていない。

免疫効果が下がる時期

東京都の2回ワクチン接種者は、すでに人口の8割を超えている。65歳以上の場合、9割に達している。このため、ワクチン2回接種済みというだけでは、感染対策に不安が残る状況となっている。

NHKによると、23日に開かれた厚生労働省の新型コロナ専門家会合では、感染者が微増している理由として、ワクチン接種やこれまでの感染によって得られた免疫の効果が時間と共に徐々に下がっていくことが指摘されている。そのため、対策として「ワクチンの3回目の接種をさらに進めるとともに、少しでも体調が悪ければ外出を控えること、不織布マスクの正しい着用、手洗い、1つの密でも避けるといった基本的な感染対策を徹底すること」などが呼びかけられた。

今後は、全国旅行支援や夏休みで、人の動きが広域的に増えて感染がなかなか収束しない恐れも出ている。

CATEGORY