ファンケル、高めのLDL(悪玉)コレステロールを下げる働きを持つ機能性表示食品「コレステサポート」を改良発売

マイライフニュース

 ファンケルは、10月20日から、高めのLDL(悪玉)コレステロールを下げる働きを持つ機能性表示食品「コレステサポート」(30日分)を通信販売と直営店舗で改良発売するす。また一般流通では10月上旬から順次、先行発売する。

 改良に伴い、4週間から高めのLDL(悪玉)コレステロールを下げることを臨床試験で確認した、機能性表示食品へと生まれ変わった。配合成分のメカニズムは、新しく配合された「りんご由来プロシアニジン」によりコレステロールを体外へ排出することを促すとともに、「紅麹ポリケチド」の働きによって体内でコレステロールが作られることを抑えるというもの。目安量も4粒から2粒に低減し、より継続して摂取しやすい製品へと改良した。コレステロール値が高めの中高年の人々におすすめとなっている。

 製品特長は、同品を摂取することで、4週間から高めのLDL(悪玉)コレステロールを下げる効果を確認している機能性表示食品とのこと。「りんご由来プロシアニジン」とは、りんごの皮の部分に多く含まれるポリフェノールの主成分だという。同成分によって、コレステロールの排出が増え、血中のコレステロールが低下すると考えられている。「紅麹」とは清酒や味噌に用いられる麹菌の仲間で、紹興酒などの醸造に用いられている。紅麹に含まれる機能性関与成分「紅麹ポリケチド」によって、体内でコレステロールが作られることを抑えると考えられている。製品としての機能性を高めながらも、目安量を減らすことに成功。今まで以上に摂取しやすく、続けやすい製品設計になった。

 LDL(悪玉)コレステロールが基準値外の人は約5000万人(令和元年 国民健康栄養調査)おり、健康寿命の延伸を目指す日本にとって大きな社会課題の一つとなっている。同社では2009年から「紅麹&植物性ステロール コレステ習慣」という名称のサプリメントを販売してきた。コレステロールの数値に悩む多くの人のために、今回処方設計を見直し、臨床試験を行い効果を確認している機能性表示食品として改良新発売する。

[小売価格]2700円(税込)
[発売日]10月20日(木)

ファンケル=https://www.fancl.jp/

CATEGORY