ファンケル、障がい者アート作品「アール・ブリュットふろしき」を関西エリアと福岡県の一部の直営店舗で数量限定販売

マイライフニュース

 ファンケルは、9月16日から、障がいのある方が制作したアート作品をふろしきにした「アール・ブリュット ふろしき」(3アイテム)を、関西エリアおよび福岡県の一部の直営店舗(計38店舗)において数量限定で販売した。

 アール・ブリュットとは、フランス語で「生(き)の芸術」を意味し、既存の芸術概念や流行にとらわれず自由な発想で表現された絵画や造形を指す。日本では「障がい者アート」ともいわれている。

 同製品は、障がいのある方たちによるアート作品を社会に発信し、アーティストの支援を行う3団体(「天才アートKYOTO」「Able Art Company」「アートビリティ」)とふろしきブランド「むす美」がコラボレーションしたふろしきとのこと。デザインは、既存の美術概念や技巧、流行にとらわれず、湧き上がる衝動のままに自由に表現され、可能な限り原画に近い再現ができるよう最大で15色を使って染めている。さらに、鮮やかな発色で光沢のある綿のサテン地を使用している。

 また、売り上げの一部はアーティストへ還元し、制作活動の支援につなげていく考え。

 同社では、「みんな違ってあたりまえ」というダイバーシティのスローガンのもと、障がいのある人の雇用・活躍の促進に取り組んでいる。1999年には障がいのある人が一人の社会人として「自立」できるような障がい者雇用を目指し、特例子会社のファンケルスマイルを設立した。10人からスタートした同社も今では100人を超える従業員が、本社だけでなく、研究所や工場、物流センターなどさまざまな場所で同社グループ内の業務を請け負い、活躍の幅を広げている。今回、障がいを持つ人の支援を行っている「アール・ブリュットふろしき」の取り組みに共感・賛同し、販売を始めることとなった。

 今後も全国の直営店舗において、ダイバーシティや環境に配慮し、持続可能な社会に貢献できる店舗づくりを目指していく考え。

[小売価格]各1100円(税込)
[発売日]9月16日(金)

ファンケル=https://www.fancl.jp

CATEGORY