衝撃の結果。毎日眠いアラサー女子が「Fitbit」で睡眠の質を調べてみた

マイナビウーマン

目覚めが悪く、1日気分が乗らない、という経験はありませんか? すっきり起きられたらどんなに気持ちがいいのだろう。

そう思うものの、簡単に体はコントロールできませんよね。

かくいう筆者も長年睡眠に悩みを抱える一人。

思い出す限り、子どもの頃から「目覚めの良い朝」というものを経験した記憶がありません。

しっかり寝ているはずなのに、なぜかすっきり起きられない。

寝ても疲れが取れない。

不満は感じつつも、そういうものだと思って諦めていました。

しかし、そのことを友達に話すと「睡眠の質に問題あるんじゃない?」と一言。

「ただ眠るだけで全回復するのは10代まで。

私たちは良質な睡眠を心掛けないと回復なんてできないよ」と手厳しく言われてしまいました。

なるほど。

今までは、睡眠不足が原因ですっきり起きられない・疲れが取れないのコンボを引き起こしていると思っていましたが、“睡眠の質” にも関係していると新たに知ったアラサー。

さっそく気になった筆者は、自分の睡眠を調べるべく、睡眠の質チェックができるトラッカー「Fitbit」をつけて生活してみることにしました。

■ズボラでもできる簡単初期設定今回使用した「Fitbit Luxe」は、アプリと連携することで、睡眠の質や毎日の運動時間、健康状態の管理等ができるトラッカーです。

面倒くさがりの筆者は、毎日の健康管理なんてできるのか……と心配でしたが、つけるだけで記録してくれるということで、さっそくアプリをダウンロードし、本体と同期。

初期設定は10分ほどで完了する手軽さで、面倒くさがりでも簡単に登録することができました。

同期が完了したら、あとはトラッカーをつけて生活するだけ。

すると、その日の歩数や消費カロリーを即時でスマホに同期してくれます。

■私がすっきり目覚められなかったワケ一日の活動量も気になるところですが、今回特に気になっているのは「睡眠の質」。

睡眠中にFitbitを身につけることで、アプリ内で「睡眠スコア」を記録。

そして、14日間以上記録を続けると、自身の「睡眠プロフィール」を調べることができるのだとか。

さっそく記録してみることに……。

記録を開始して、数日。

アプリ内の睡眠の項目を開いてみると、毎日の睡眠時間が細かく表示されました! 入眠時間、起床時間が分かるだけでなく、睡眠中に「目覚めていた時間」「深い眠り」「レム睡眠」「浅い眠り」の4種類に分かれて記録されています。

あわせて、その日の睡眠スコアも採点。

スコアをみると睡眠時間が長ければ点数が高いとは一概には言えなそう。

睡眠時間が短い日でも、深い眠りについている時間が長い日は、睡眠スコアが高いことが分かります。

そして、11月1日。

ついに私の1カ月間の「睡眠プロフィール」が更新されました! 10月のスリープアニマルは「キリン」という結果に。

キリンタイプは、他の動物に比べ、遅く寝て早く起きる傾向があるのだとか。

詳しい平均値を見てみると、キリンの説明の通り、睡眠時間は理想的な範囲よりも短いことが分かります。

さらに、「深い睡眠」も「回復睡眠」も理想的な数値を下回る結果に。

なかなかすっきり起きられない理由がここに隠されていたのかもしれません。

「睡眠プロフィール」は毎月更新されるため、10月はキリンでしたが、11月の数値によっては、スリープアニマルが変わることも。

動物は、クマ・イルカ・キリン・ハリネズミ・オウム・カメの6種類おり、楽しく睡眠を知ることが出来るのは、長く続ける上で大切だと感じました。

■自分の生活を知りたい人におすすめ

今まで目覚めの悪さは仕方のないもの、と諦めていた筆者でしたが、その原因として「睡眠の質の悪さ」が関係しているかもしれないということが、今回の結果で明らかになりました。

ただ睡眠時間を延ばせばいいのではなく、いかに質の良い睡眠を取れるかが、目覚めの良さに関係してきそうなので、これからは良質な睡眠が取れる暮らしを心掛けなければ……と心に誓ったのでした。

今回は睡眠管理をメインに取り上げましたが、Fitbitではエクササイズの記録やストレス管理、食事管理など、幅広い健康管理が可能。

普段自分がどんな生活をしているか気になる方にはおすすめのアイテムです。

※「睡眠プロフィール」はFitbit Premium(有料)の機能となります■商品概要Fitbit Luxe スペシャルエディション  gorjana ソフトゴールド ステンレススチール パーカー リンクブレスレット価格:25,990円(取材・文:あっさん/マイナビウーマン編集部)。

CATEGORY