キユーピー、ラフマ葉抽出物を配合した機能性表示食品「リラーレ」を発売

マイライフニュース

 キユーピーは、ラフマ葉抽出物を配合した機能性表示食品「リラーレ」を10月26日に新発売し、機能性表示食品(サプリメント)のラインアップを3アイテムに拡充した。

 高齢になると、たとえ健康な人でも、睡眠が変化するといわれている。朝方早く目が覚めたり、深い眠りのノンレム睡眠が減って眠りが浅くなったりする。眠れる時間は短くなるのに、寝床にいる時間は長くなる傾向にあり、睡眠の満足感が低下する原因にもなっている(厚生労働省:生活習慣病予防のための健康情報サイト「e-ヘルスネット」から)。

 “睡眠ホルモン”といわれる「メラトニン」は、自然な眠りを促し、睡眠の調節に必要なホルモンだが、加齢とともに大きく減少することが分かっている。したがって、眠りの質を向上させるには、「メラトニン」を増やすことが大切となっている。

 「リラーレ」は、「メラトニン」を増やす働きを持つ、ラフマ葉抽出物を配合した機能性表示食品(サプリメント)とのこと。ラフマ由来ヒペロシド、ラフマ由来イソクエルシトリンには、睡眠の質(眠りの深さ・起床時の睡眠に対する満足感)の向上に役立つことが報告されている。

 2015年4月に機能性表示食品制度がスタートし、同年6月12日に第一号流通商品として、キユーピーが「ヒアロモイスチャー240」を発売した。その後、2020年1月には酢酸菌GK-1を配合した「ディアレ」を発売し、「リラーレ」は、機能性表示食品(サプリメント)として3品目のラインアップになる。今後も、人々の健康維持に貢献する商品の開発を進めていく考え。

[小売価格]2380円(税込)
[発売日]10月26日(水)

キユーピー=https://www.kewpie.co.jp/

CATEGORY