韓国焼肉を手軽に再現できる グリルプレート「グリルマイスター」

J-CASTトレンド

デザイン家電および雑貨などを手がけるアピックスインターナショナル(大阪市)は、グリルプレート「グリルマイスター AGP-350」を2023年1月29日に発売する。

3つのゾーンで構成

韓国焼肉で用いられるという外周に彫り込みのある特殊形状のプレートに熱源を埋め込んだ電熱調理器。コントローラーの差し込み部から円の中心にヒーターを配置する。

内側は肉や大きな野菜などを高火力でカリッと焼き上げる「高温ゾーン」、外側はプルコギやチヂミなど細かな具材や流れるものを調理できる「高温ゾーン平プレート部」、食材をディップするソースや副菜などに適する弱火の「低温ゾーン」で構成。チーズやキムチ、ナムル、溶き卵を一緒に楽しむ焼肉を手軽に再現できる。

中心のグリル下には油受けトレイを備え、落ちた油を受け止める構造とすることで余分な油分を落とし減煙を実現。プレートと油受けトレイは取り外して丸洗いが可能だ。

消費電力は1000ワット。電源コード長は約1.9メートル。

市場想定価格は1万1000円(税込)。

CATEGORY