「ごぼう」がナッツ代わりになるってホント?主婦35人のゴボウ大量消費レシピ

リビングWeb

ごぼう料理といえば「きんぴらごぼう」が代表的ですが、1本まるごと使いきるのはちょっぴり大変…と感じている人もいるのでは?

そこで今回は、ごぼうを使った簡単レシピを「リビングWeb」読者に聞いてみました。

・ちょっと意外ですが、細かく刻んでチョコレートケーキに入れるとナッツみたいで美味しいです。(匿名さん/38歳)

・ごぼうを3センチくらいに切ってチンして、めんつゆ少々、酢、お好みで輪切りにした赤トウガラシでちょいピリ辛のピクルスを作ります。ぼりぼり食物繊維を食べられます。(しゅなじ/53歳)

・居酒屋さんでのメニューです。少し甘めのきんぴらごぼうを天ぷらにする。切り方も断面大きくして、天ぷらにするときは一本ずつくっつかないように揚げる。とても美味しかったです。(MOKO/56歳)

・お蕎麦屋さんで頂いたのですが、こぼうをスライサーでスライスしてカリっとなるまで素揚げさせたもの。少し塩をふり、麺類のトッピングやそのままたべてもgood。(どん/36歳)

・細切りにして、片栗粉をまぶしたら、油で揚げます。サラダのトッピングでも、そのままつまみでも、美味しいですよ。片栗粉は簡単にナイロン袋の中で振ってしまうと超楽チンです。揚げた後は塩、胡椒、そのまま、味付けはお好みで。(さんまざんまい/50歳)

・ごぼうチップスをよく作ります。ごぼうをスライサーでスライスしてビニール袋に入れて塩コショウ小麦粉入れてふりふりして油で揚げるだけです。(ミック/51歳)

・我が家では、旬の食材を味噌に練り込んでディップを作ります。蕗の薹、柚子、山椒、ネギ等。牛蒡もみじん切りにして味噌と練り、おにぎりに塗ったり、豆腐につけたりしています。チーズと合わせてもいいので、重宝します。(みかん/34歳)

・短冊にきって、唐揚げ粉で揚げるか、片栗粉をつけて揚げて、めんつゆにくぐらす。この二つ!子供も主人も揚げるはなから食べてしまいます(はーくん/54歳)

・うちでよく作るのは、ごぼうと牛肉の柳川なべです。牛蒡1本をささがきにしてお出しで牛肉と炊いてからたまごでとじて三つ葉をたっぷりのせて出来上がりです。(ぴぴ/56歳)

・豚小間肉と細ささがきに切ったゴボウの小鍋仕立て、味付けはめんつゆを少し日本酒少し薬味ねぎをたっぷりと(ナッシュ)

・ゴボウを金たわしでこそげ洗いしてささがきにし、人参もささがきにする。がんもどきをさっと湯どおしして、半分に切る。すべて鍋にいれて、醤油とみりんで煮る(はーちゃんばーば/57歳)

・太めの牛蒡の皮をよく洗って皮をむかないで斜め切りまたは大き目の乱切りにして出汁・砂糖・醤油・酒で煮て汁気をなくなるまで煮るか煮汁を切る。余り柔らかいより歯ごたえのある硬さの方が美味しいと思う。煮た牛蒡ににゴマをまぶす。煮物の胡麻和え。常備菜で美味しく頂いています。(やまゆり)

・ごぼうを5センチ長さにして、縦半分切り酢水にさらし、水気を取り片栗粉をまぶす。ごま油でこんがり焼く(途中でごま油を追加してもよい)みりん、酢、砂糖、醤油を各大さじ1でタレをつくり、焼いたごぼうに投入味が馴染んだら火からおろし、胡麻をふりかけて完成(えここ/42歳)

・ごぼうの皮をピーラーで剥き、8ミリくらいの厚さに斜め切りし、水にさらした後、水気をよく拭き取ったら、片栗粉をまぶし、180度の油でカラッとあげる。お好みで、塩、ハーブソルト、トリュフ塩等を振りかけて頂くと一本ぐらいはあっという間に食べれちゃいます。(ふじのめ/51歳)

・ごほうはささがきにして、ネギと一緒にめんつゆで煮て卵とじに。七味をふっても美味しいです。(みかん/45歳)

・趣旨から外れますが、、ゴボウは皮をむかない、、汚れを落とすだけでよろしい、、あく抜きは水を何度も替えなくて良いのです、皮にもアクにも栄養があります、信じられない方は他所で検索されたし!!。(にがうりおやじ/71歳)

・揚げてチップスに。笹がきしたのを鶏肉又はいわしと捏ねてつくねに。煮魚の添えはごぼうと長ねぎがベスト。(さる/39歳)

・ごぼう1本人参1本牛肉コマ100gごぼうはささがき人参ごぼうと同じ大きさ胡麻油で炒める。すき焼きのタレで味付け好みで七味お弁当のおかずにも箸休めにも作り置きが利くので重宝してます。(星ひとつ)

・ゴボウ大好きです。キンピラは勿論ですが、同じカットで、サラダ用に。蒸した鶏ミンチやシーチキンを混ぜてマヨで味付けします。あとは味ご飯に入れたり、お味噌汁にゴボウと豚肉と豆腐を入れたら、簡単豚汁ですね。その4品で一袋はなくなります。でもゴボウを買ったら、がめ煮も外せませんね。最近電気圧力鍋を買ったので、手軽に煮物を作ってます。醤油で甘辛煮、味噌仕立ても人気です。お弁当用に人参とゴボウのかき揚げもします。パリパリに仕上げてお酒の肴にもいいですね。定番ですが美味しくて大好き。食べたくなってきましたね。(るみるみ/54歳)

・【ごぼうサラダ】ささがきにしたごぼうを適宜ゆでて、塩、コショウ、マヨネーズ、好みで醤油と顆粒だしを少し入れて混ぜるだけ。仕上げにすりゴマとパプリカ(粉末のスパイス)などをかけると見栄えもよくなります。【ごぼうと人参の八幡巻き】5〜6cmほどの長さの棒状に切ったごぼう、にんじん、インゲンなどをゆでて冷まし、牛肉で巻いてサラダ油を熱したフライパンで転がしながら焼く。味付けは砂糖、酒、みりん、醤油。少し冷めてから半分に切り、断面を見せるように盛り付けたら完璧。(wynn/52歳)

・ささがきゴボウ、白髪ネギ、水菜、豚バラを蕎麦茶用の蕎麦を入れた昆布だしのお鍋に入れて蕎麦茶しゃぶしゃぶをします。豚バラでゴボウ、ネギ、水菜を巻いて蕎麦つゆにつけて食べます。シメは、お蕎麦を入れます。(梅ちゃんママ/61歳)

・ピーラーで縦長に薄くスライスして、片栗粉をまぶし揚げて、塩を少々。牛蒡嫌いでもパクパクいってますよ!(ひよママ/45歳)

・ゴボウはイイ出汁が出るので、汁物に入れるのがおすすめです。雑煮、味噌汁のみならず、グラタン、炊き込みご飯なんかにも使っています(かわうそ/46歳)

・ささがきにして金平を作り、ご飯を炊くときに一緒に炊き込む。ごぼうだけがシンプルでおいしい(kuri75/58歳)

・だし汁、自家製梅干し、皮をむいて悪抜きしたゴボウを水からコトコトと煮ていきます。梅干しの塩気があるので、だし汁は薄めにします。(しした/45歳)

・ささがきにして、かき揚げにします。(いっちゃん/67歳)

・揚げたり炒めたり煮たりはみなさんお馴染み。我が家ではそのほか、シチューやカレー、鍋物、サラダと、ほとんどの料理にゴボウは欠かせません。冷蔵庫に常備してます。(ねぎ/57歳)

・豚肉のごぼうまきです。甘辛いタレがご飯にあいます。(結/34歳)

・家族みんな大好きな食べ方は、適当な大きさに短冊切りにして、素揚げ!お塩をまぶして、もう止まらない美味しさ!!あとは、油揚げ、にんじん、ごぼうの炊き込みご飯に、豚汁!ごぼうを入れるか入れないかで美味しさに差が出ます。ごぼうと鳥もも肉の甘辛煮。使いきれなさそうな時は、使いやすい大きさに切って冷凍しています。(ぱわとら/34歳)

・ピーラーで皮を剥き、食べやすい長さ四つ切りにして水にさらし7〜8分茹でる胡麻和えのもととお酢をまぶして出来上がり!18の娘に大好評でした(なこ/52歳)

・収穫量日本一地域に住んでた時に教えて貰ったのですが、アンチエイジングにごぼう茶がおすすめです。文字数制限あって、ここでは説明できませんが簡単です!ごぼう茶、作り方、で検索してみて下さい。(カステラ/48歳)

・ごぼうを、きんぴらごぼうを作るように切る。糸コンと牛肉で甘辛く煮る。豚肉でもよい。(桜/64歳)

・ごぼうの皮を包丁の裏でこそいでから斜めにカットし、薄力粉を軽くまぶして油で揚げる。玉ねぎをスライスしてから水にさらしてしばらくしてから水気を切り、油をきったツナ缶のツナを混ぜる。揚げたごぼうを玉ねぎの上にのせる。ポン酢をかけて食べます。昔はなまるマーケットで紹介されてからよく作って食べます。(hirofkin/54歳)

・適当にきり片栗粉をまぶして油であげ焼きにして麺つゆ、塩なんかで味つけする。みーんな喜んで食べますよ。(みーや/55歳)

CATEGORY