東京ディズニーリゾート、東京ディズニーシーの新規ハーバーショー「フェスティバル・オブ・ミスティーク」と東京ディズニーランド「スプーキー"Boo!"パレード」の衣装を披露

マイライフニュース

 東京ディズニーリゾートは、9月10日から10月31日までの52日間、スペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」を開催する。東京ディズニーシーでは今年初公演となるハーバーショー「フェスティバル・オブ・ミスティーク」を、東京ディズニーランドでは「スプーキー“Boo!”パレード」をエンターテイメントプログラムとして公演する。今回、この両パークのエンターテイメントの衣装のポイントを紹介しよう。

 東京ディズニーシーの「フェスティバル・オブ・ミスティーク」の衣装では、かつてハロウィーンの祝祭が行われていた中世ヨーロッパの当時の服装をベースにし、港町ポルト・パラディーゾらしく海の生き物を連想させるようなモチーフを取り入れている。ミッキーマウスの衣装は、海獣の骨やヒレが随所に表現されていて、加えて宝玉が散りばめられたブローチも見所とのこと。一方でミニーマウスの衣装は、中世ヨーロッパのお姫様を連想させるようなシルエットが特徴となっている。帽子についたパールや胸元や背中にあるうろこ柄がミニーマウスに似合っている。

 どこかダークな雰囲気がある東京ディズニーシーのメディテレーニアンハーバーで、妖しく華やかな衣装を着たミッキーマウスたちが登場する「フェスティバル・オブ・ミスティーク」のスタートまでもう少し待っていてほしいという。

 東京ディズニーランドの「スプーキー“Boo!”パレード」の衣装では、ディズニーの仲間たちがゴーストの仲間入りをすると、衣装もゴースト仕様に様変わりする。様変わり後の衣装は、スケルトンなどを用いることでゴーストの世界のゾクゾク感や不思議さなどを表現している。ミッキーマウスの衣装では蝶ネクタイ、ミニーマウスの衣装ではスカートのあやしげな模様などが見所だとか。さらに、今年は様変わり後のミッキーマウスとミニーマウスの衣装がより鮮やかな色合いになっている。このパレードで、ゲストのみんなもディズニーの仲間たちと一緒に、ゴーストの仲間になってみては。

 東京ディズニーシーの「フェスティバル・オブ・ミスティーク」と、東京ディズニーランドの「スプーキー“Boo!”パレード」の衣装の違いについて分かっただろうか。前者には海獣のヒレやうろこなどのモチーフが入っていて、後者にはスケルトンやゴーストらしいあやしげな模様などが用いられているのがポイントとのこと。どちらも衣装にも注目して楽しんでみては。

 ダークな雰囲気の中で映える華やかな中世ヨーロッパ調のデザインか、はたまたゴースト流のゾクゾクワクワクするような鮮やかなデザインか、あなたはどちらの衣装が好みかな。今年も秋のスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」がいよいよ始まる。海の魔女やゴーストたちも、多くの人々の来園を心待ちにしているという。

東京ディズニーリゾート=https://www.tokyodisneyresort.jp/

CATEGORY