Far Yeast Brewing、KAGUA限定醸造ビール「Blanc Cuvee Dry hopping」と「Rouge Special Edition 2019」を発売

マイライフニュース

 Far Yeast Brewingは、和の馨るエールビールブランド「馨和 KAGUA」から、限定醸造ビール「Blanc Cuvee Dry hopping(ブラン・キュヴェ・ドライホッピング)」と「Rouge Special Edition 2019(ルージュ・スペシャル・エディション2019)」2種を10月下旬に、同時発売する。

 「馨和 KAGUA」とは、「和が馨る」をコンセプトに世界的にも珍しい山椒と柚子という「和」の素材を原材料に使用しており、しっかりとしたボディと瓶内二次発酵によるやわらかな炭酸が特長のクラフトビールブランドとなっている。新鮮で独創性に満ちた上質なビールとして、発売以来、多くのビールファンの人々から高い評価を得ているとのこと。

 今回発売するのは、「馨和 KAGUA Blanc」をベースに3種のホップを組み合わせた特別なセゾン「Blanc Cuvee Dry hopping」と、「馨和 KAGUA Rouge」をさらに熟成させ特別醸造した「Rouge Special Edition 2019」の限定醸造ビールとなっている。

 「Blanc Cuvee Dry hopping」は、「馨和 KAGUA Blanc」をベースに、2種類以上の異なる酵母で発酵させるMixed Culture(ミックスド・カルチャー)という手法を採用し、セゾンを含むベルギー系の酵母2種類を使うことによって、単一酵母よりも複雑なアロマを実現した。パッションフルーツを思わせる香りや柑橘・ベリー・ハーブなどの様々なアロマが複雑に絡み合う“モザイク”、フルーティかつ大地や松のような素朴なアロマをもつ“シムコ―”、グレープフルーツのような柑橘系や松・スパイスのアロマをもつ“チヌーク”の3種類のホップを組み合わせた特別なセゾンとなっている。ドライホップによるホップアロマが際立つように通常のBlancよりもドライに仕上げた。飲んだ瞬間、口いっぱいに広がる芳醇な香りが楽しめる。

 「Rouge Special Edition 2019」は、2013年、2017年のRouge、2018年のBlancに続き第4弾の限定醸造商品となる。今回は濃色麦芽の比率を増やしたことで、過去のSpecial Editionより深みのある色合いとモルトフレーバーがより前面に感じられるとのこと。「馨和 KAGUA」のオリジナリティは残しつつ、ビアスタイルとしては本格的なベルジャンスタイルのクアドルペル(発酵前に含まれる麦汁の糖の比重がシングルの初期比重の約4倍となり、アルコール度数が9.1~14.2%と高くフルボディのビール)に仕上がっている。通常の「馨和 KAGUA Rouge」をさらに熟成させ円熟味が増した味わいはもちろん、山椒やモルトの香りに加えオークパウダーを使用することで、樽香や薫香など様々な香りを楽しめるとのこと。また、特有のハイアルコールなフルボディは肉料理とぴったりだとか。

 今後も同社では、より多くの消費者に楽しんでもらえるように、様々なアイデアを商品化することで新たな価値を創造し世界へ発信していく考え。

[小売価格]オープン価格
[発売日]10月下旬

Far Yeast Brewing=https://faryeast.com/

CATEGORY