リーボック、クラシックシューズ「CLUB C 85」の発売35周年アニバーサリーコレクションを発売

マイライフニュース

 リーボックは、1985年にテニスシューズとして登場し、カジュアルファッションを代表するクラシックシューズ「CLUB C(クラブ シー)」が今年発売35周年を迎えることを記念し、2月からアニバーサリーモデルを順次発売する。

 1970年代後半、世界的にテニスブームが巻き起こり、その人気は1980年代まで続いた。その中で、リーボックのアイコニックなモデルである「CLUB C」は、“Club Champion(クラブチャンピオン)”という名のテニスシューズとして登場し、シンプルでクラシカルなルックスから、テニス界のみならず、ホワイトシューズの定番としてファッションシーンでも世界中で人気を集めたという。そして、発売から35年経った現在でも、カジュアルファッションを代表するスニーカーとして、多くのファンに親しまれている。

 2020年は、「CLUB C」の誕生35周年を記念して、発売当時のオリジナルカラーである上品なネイビーを差し色に採用した、スタンダードなOGモデルの発売を皮切りに、年間を通じて様々なアニバーサリーコレクションをリリースしていくとのこと。また、35年の時を経ても変わることない、タイムレスでスリークなシルエットを持つリーボックのシグニチャーモデルとして、様々なブランドとのコラボレーションを展開していく。

 リーボックは、1985年、耐久性の高いパフォーマンスシューズを求めるテニスプレイヤーのニーズを満たすモデルとして「Club Champion」を発売した。70年代後半から続くテニスブームの中で、このすっきりしたシルエットとユニークなルックを持つテニスシューズは高い支持を受け、パフォーマンスモデルからライフスタイルの定番シューズへと進化していきた。現在の「CLUB C」の“C”は、その“Champion(チャンピオン)”の頭文字から取られており、「Club Champion」、「Revenge Plus(リベンジプラス)」、「Club Classic(クラブクラシック)」、「Monterey(モントレー)」というリーボックの4つのテニスシューズから進化したテニスシューズとして設計された。

 「CLUB C」は、頑丈な“ガーメントレザー(高級天然皮革)”のトゥキャップ、アイステイ、バックステイを採用することで耐久性を高め、また取り外しができるウレタンのアーチサポートとテリークロスの裏地によって、快適さを実現したという。レザーによる高いフィッティングと、優れたグリップ性能、快適な履き心地から、世界中で発売直後から大ヒットし、テニスシーンだけでなく、ファッションアイテムとしても人気を博した。ミニマルでシンプルなデザインと、巧みに演出された控えめなスタイルを融合させた「CLUB C」は、世代、性別、文化の枠を超え、時代を感じさせない美しさを備えている。その美しさから、80年代当時ベーシックなホワイトスニーカーのトレンドを創り出し、今もなお、リーボックの“裏定番”シューズとして、隠れた人気の高さを誇っている。

[小売価格]
CLUB C 85:7689円~1万3200円(税込)
[発売日]2月から順次

リーボックジャパン=https://reebok.jp/

CATEGORY