アイリスオーヤマ、既発売の家電8機種を二系統にラインアップした「BLACK LABEL」「WHITE LABEL」を展開

マイライフニュース

 アイリスオーヤマは、シンプルで統一感のあるデザインを採用した既発売の家電8機種をブラックとホワイトの二系統にラインアップした「BLACK LABEL(ブラックレーベル)」「WHITE LABEL(ホワイトレーベル)」を新たに展開する。

 同社は2009年から家電事業に本格参入して以降、「なるほど家電」をコンセプトに、炊飯器やクリーナーなどの小型家電を発売し、2017年からはルームエアコンをはじめ、ドラム式洗濯機、4K対応液晶テレビなどの大型家電を発売している。今回同社は総合家電メーカーとして、デザイン性の高い家電8機種を新たに「BLACK LABEL」「WHITE LABEL」シリーズとして展開する。

 インテリアに馴染み、本体の黒とカッパー(銅色)で存在感を演出する「BLACK LABEL」と、シンプルで清潔感のある「WHITE LABEL」の2シリーズを提案する。

 「BLACK LABEL・WHITE LABEL」のコンセプトは、新生活にピッタリなシンプルデザインとのこと。同じトーンの家具で統一しておしゃれで落ち着きのある部屋に導くという。

 「冷凍冷蔵庫」は、62Lの大容量サイズの冷凍庫で、3段の引き出しタイプのため、冷気が逃げにくい構造となっている。横幅は47.4㎝のスリムサイズのため、狭いスペースでも収納できるという。

 「全自動洗濯機」は、「部屋干しモード」を搭載し、脱水の時間を延長することで乾燥時間を短縮するとのこと。6種類の洗浄コース(標準・すすぎ 1 回・ドライ・つけおき・お急ぎ・毛布)と2種類の掃除コース(槽洗浄・槽乾燥)を搭載し、使用シーンに合わせて選択できる。

 「銘柄炊きIHジャー炊飯器」は、お米の銘柄に合わせて火力や加熱時間を変更することで、31銘柄それぞれの特長を最大限に引き出して炊き上げるという(BLRC-IE30-B)。底ヒーターとふたヒーターによって釜全体を加熱し、炊きむらの少ない炊飯が可能とのこと。3mmの極厚火釜を採用している。

 「オーブンレンジ」は、食パン4枚入るフラットテーブルで庫内全体を無駄なく使用できるとのこと。出力を4段階(200/500/600/900W)に切り替え可能なため、使用用途に合わせて最適な出力で調理できる。18種類のオートセンサーメニューを搭載している。

 「全自動コーヒーメーカー」は、本体にミルを内蔵し、豆挽きからドリップまで自動で行う。豆挽きは、中挽きと粗挽きの2種類から選べるとのこと。また、コーヒー粉を用いたドリップも可能となっている。水タンクは取り外しできるため、給水や手入れを簡単に行える。

 「電気ケトル」は、どんなインテリアにも馴染むシンプルなデザインを採用している。容器に水がない空焚き状態を検知した場合に、自動的にヒーターの通電を切る空焚き防止機能を搭載している。

 「スチームオーブントースター」は、庫内にスチームカップを置くことで、スチームを使用した調理が可能とのこと。また、スチームカップは取り外しできるため、そのまま洗うことができるという。上下ヒーターによって、3段階の火力調整が可能となっている。

 「極細軽量スティッククリーナー」は、業界最軽量クラスの約1.2kgのため、高い場所や階段なども手軽に掃除できるとのこと。ヘッド内部に回転する気流を発生させほこりを搔きあげて吸引する「サイクロンストリームヘッド」を採用し、ダストピックアップ率99.9%以上を実現している。ほこり感知センサー搭載によって、吸い込んだごみが多いときは赤、少ないときは緑に点灯するので、掃除の効果を視覚的に実感できる。

[小売価格]
冷凍冷蔵庫:3万4800円~3万9800円
全自動洗濯機:4万4800円~4万9800円
銘柄炊きIHジャー炊飯器:9980円~1万1800円
オーブンレンジ:2万800円
全自動コーヒーメーカー:8980円
電気ケトル:3980円
スチームオーブントースター:4980円
極細軽量スティッククリーナー:1万4800円
(すべて税別)

アイリスオーヤマ=https://www.irisohyama.co.jp/

CATEGORY