PatagoniaのR1プルオーバーは一度着たら手放せない! アウトドアからリラックスタイムまで快適に過ごせるよ| マイ定番スタイル

roomie

世界に多くのファンを持つアウトドアブランドのパタゴニア。

パタゴニア製品の中でも根強い人気を持つ3シーズン着られる万能フリースがあります。

多くの人が手放せないと声を揃えて言う大人気のR1フリース。

着たら納得の、手放せなくなる魅力が沢山あるんです!

スラリとした綺麗なシルエット、動きやすさも抜群だ!

Patagonia(パタゴニア) メンズ・R1プルオーバー 17,600円(税込) 

フリースってもこもこしたイメージがある方も多いと思うのですが、このプルオーバーは薄手のフリースで行動着に適しています。

着てみるとこんな感じ。

身長175㎝中肉中背の私はMサイズを選びました。

同じような体格でSサイズを選ぶ方もいますが、私は脱ぎ着のしやすさとベースレイヤーの厚みを制限せずに着たいので余裕をもってMサイズ。

フィッティングが大事な商品なので実際に着てみてお好みで選んでください!

脇下には脇から袖にかけて繋がる一枚の生地が入っていて、このおかげか腕を上げた時に突っ張ったりしにくく、裾の持ち上がりも抑えられています。

袖口と裾は縁取り仕上げになっていて冷気を入れにくく、温かさを逃がしにくい作り。

左袖のRの刺繍がカッコいい……!

肩回りの縫い目もザックを背負ったときに食い込まないようにすこしずらしているので、長時間ザックを背負っていても肩回りは快適です。

こちらもオススメ:[ザ・ノース・フェイス] カットソー ロングスリーブホットジップアップ メンズ ブラック 日本 S (日本サイズS相当)

¥8,250 Amazonで見てみる

なんて欲張りな素材なんだ…

ポーラテック・パワー・グリッド素材という、軽量で通気性に優れていて伸縮性と耐久性をも兼ね備えたポーラーテック社と共同開発した独自の素材を使用。

凸凹したグリッド構造が熱を閉じ込めながらも蒸れない通気性を発揮してくれます。

プルオーバー型なので暑くなってきたら首元を開いて体温調節。

みぞおちあたりまでジップが続いているのでベンチレーションとして使いやすいです。

ジッパーはピタリと閉まり、内面の凹凸を折り返したように縁どられているので顎がジッパーに擦れることもありません。

柔らかくて気持ちいい肌触りだ!

ポケットは左胸に1つ。

中はメッシュになっていてこちらも開けているとベンチレーションとして機能してくれそうです!

パタゴニアのロゴはプリントではなくタグがついています。

素材にハイキュ・フレッシュという素肌や体に無害な抗菌防臭加工が施されているので、洗濯ができない環境でも臭わずに着続けられます。

この抗菌防臭加工はウェアの寿命の限り続く高耐久なものとのこと。

汗っかきな私にはマストな機能です!

どこにでも着ていける、どこにでも持っていきたい一着

フリース特有の嵩張る分厚さはなく、バッグ内にスッキリ収まってくれる携帯性の高さ。

表面は滑らかで上にシェルやフーディニジャケットを着る時も引っかからずに簡単に着ることができます。

ミッドレイヤーの役割を果たすウェアなのでこの動作のスムーズさは大事ですね!

同じ素材のジャケットタイプやフードタイプの物なども販売されていますが、フードが重なりすぎるのもジップが重なりすぎるのも気になってしまうので、このプルオーバー型は個人的に理想の形です!

スマートなシルエットで街着としても着ることができちゃう一着。

気づいたら真夏以外はこればっかり着てる…… なんて人もいるんだとか。

活躍してくれるシーンが多く、着られる時期も長い便利なR1フリース。

1着持っていて間違いないウェアだよ!

Patagonia(パタゴニア)公式 R1プルオーバー

こちらもオススメ:[ザ・ノース・フェイス] カットソー ロングスリーブホットジップアップ メンズ ブラック 日本 S (日本サイズS相当)

¥8,250 Amazonで見てみる

あわせて読みたい:

Patagoniaのフーディニ・ジャケットは季節の変わり目に大活躍!ポケットサイズの頼りになる1着 | 身軽スタイル - ROOMIE(ルーミー)

アウトドアブランドが生み出した「街着としても活躍するアウター」4選 - ROOMIE(ルーミー)

CATEGORY